ジャンプ先:

非標準
この機能は現在 W3C の標準化のプロセスに乗っていませんが、Firefox OS プラットフォームではサポートされています。将来は動作が変わるかもしれませんし、他のブラウザーで広くサポートされているわけでもありませんが、Firefox OS アプリ専用のコードで使うには適しています。

Camera API は、アプリケーションが端末のカメラを管理できるようにします。写真撮影や動画記録をしたり、カメラのフォーカスやズーム、ホワイトバランス、フラッシュライトなどの情報を取得できます。これは特権 API であり、認証済みアプリケーションのみが使用できます。

この API は認証済みアプリケーションのみが使用できましたが、Firefox OS 2.0 以降で特権アプリも使用できるようになりました。

注記: 標準搭載の カメラ アプリケーションの置き換えを実装するのでない限り、この API を使用するべきではありません。代わりに、端末でカメラを使用したいときは、Web Activities API を使用してください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Marsf
最終更新者: Marsf,