非標準
この機能は現在 W3C の標準化のプロセスに乗っていませんが、Firefox OS プラットフォームではサポートされています。将来は動作が変わるかもしれませんし、他のブラウザーで広くサポートされているわけでもありませんが、Firefox OS アプリ専用のコードで使うには適しています。

この API は Firefox OS 上の特権付きアプリ、または認定済みアプリからのみ有効になります。

CameraManager インターフェースは、ユーザの端末上で利用可能な任意のカメラへのアクセスを提供します。

プロパティ

このインターフェースは実装されていないか、いかなるプロパティも継承しません。

メソッド

CameraManager.getCamera()
カメラの識別子に基づいて camera インスタンスを取得します。
CameraManager.getListOfCameras()
端末上の利用可能なすべてのカメラの識別子が格納された 配列 を返します。

仕様

標準仕様には含まれていません。WebRTC がモバイル端末で広くサポートされるようになった時、これと置き換えられる予定です。

許可設定

Firefox OS 1.4 まで、Camera API は Certified API だったためサードパーティアプリからはアクセスできませんでした。Firefox OS 2.0 からは許可レベルが Privileged に下げられたため、開発者が独自のアプリで利用できるようになりました。

"permissions": {
  "camera": {
    "description": "Required for accessing cameras on the device."
  }
}

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Marsf, AshfaqHossain, ethertank
最終更新者: Marsf,