CameraControl

非標準
This feature is not on a current W3C standards track, but it is supported on the Firefox OS platform. Although implementations may change in the future and it is not supported widely across browsers, it is suitable for use in code dedicated to Firefox OS apps.

This API is available on Firefox OS for privileged or certified applications only.

CameraManager.getCamera() メソッドを使用してカメラへの参照を取得する時、成功時に呼び出されるコールバック関数を指定します。この関数は、引数として CameraControl オブジェクトを受け取ります。このオブジェクトのメソッドとプロパティは、カメラの管理と使用に使います。

プロパティ

CameraControl.capabilities 読取専用
CameraCapabilities オブジェクトは、与えられたカメラについてのすべてのキャパビリティ示します。
CameraControl.effect
カメラで使用するエフェクトを定義する文字列 (デフォルトは none) です。この値は、CameraCapabilities.effects に定義された値のいずれかでなければなりません。
CameraControl.exposureCompensation 読取専用
カメラの露光補正に使用する値です。この属性は読み取り専用です。露光値を変更するには、CameraControl.setExposureCompensation() メソッドを呼び出す必要があります。
CameraControl.flashMode
フラッシュの仕方を定義する文字列です。何らかの値が設定されると、カメラにフラッシュが搭載されていれば、この値はデフォルトで auto、搭載されていなければ none になります。値を設定する時は、CameraCapabilities.flashModes に定義されたオプションのリストから選択しなければなりません。
CameraControl.focalLength 読取専用
カメラの焦点距離を絞るミリメートル単位の数値です。
CameraControl.focusAreas
カメラのオートフォーカスする領域を定義するオブジェクトの 配列 です。
CameraControl.focusDistanceFar 読取専用
この値は、画像の被写界深度を定義するための CameraControl.focusDistanceNear と共に使用する、メートル単位の距離です。このプロパティの値は、Infinity になる可能性があります。
CameraControl.focusDistanceNear 読取専用
この値は、画像の被写界深度を定義するための CameraControl.focusDistanceFar と共に使用する、メートル単位の距離です。
CameraControl.focusDistanceOptimum 読取専用
この値は、被写体が最も鮮明に映るメートル単位の距離です。
CameraControl.focusMode
カメラが使用するフォーカスモードの種類を定義する文字列 (デフォルトで auto または fixed) です。この値は CameraCapabilities.focusModes から選択されなければなりません。
CameraControl.meteringAreas
カメラがオートフォーカスする領域を定義するオブジェクトの 配列 です。
CameraControl.onShutter
カメラの "shutter" イベントのイベントハンドラです。シャッター音または視覚的なシャッター効果を発生させる関数を指定します。
CameraControl.onClosed
同じアプリ内で新しい CameraControl オブジェクトに引き継がれた時に呼び出されるイベントハンドラです。
CameraControl.onRecorderStateChange
レコーダーの状態が変更された時、つまり、記録処理中にエラーが発生した時や記録データのいずれかの制限 (CameraControl.startRecording() 参照) に達した時に呼び出される関数です。
CameraControl.sceneMode
カメラが使用するシーンモードを定義する文字列 (デフォルトで auto) です。この値は、CameraCapabilities.sceneModes から選択されなければなりません。
CameraControl.whiteBalanceMode
カメラのホワイトバランスのモードを定義する文字列 (デフォルトで auto) です。この値は、CameraCapabilities.whiteBalanceModes から選択されなければなりません。
CameraControl.zoom
カメラが使用するズームファクタモードの種類を定義する数値 (デフォルトで 1) です。この値は、CameraCapabilities.zoomRatios から選択されなければなりません。

メソッド

CameraControl.autoFocus()
カメラ画像のフォーカスを合わせます。
CameraControl.getPreviewStream()
カメラから動画ストリームを取得します。このメソッドは任意のタイミングで使用できます。
CameraControl.getPreviewStreamVideoMode()
カメラから動画ストリームを取得します。特定の動画モードで使用できます。
CameraControl.release()
カメラをリリースし、他のアプリケーションがカメラを使えるようにします。
CameraControl.resumePreview()
CameraControl.takePicture() メソッドの呼び出しで一時停止された動画ストリームのプレビューを再開します。
CameraControl.setConfiguration()
アドホックな設定変更をします。
CameraControl.setExposureCompensation()
露光補正ファクタを指定します。
CameraControl.startRecording()
動画ストリームの記録を開始します。
CameraControl.stopRecording()
動画ストリームの記録を停止します。
CameraControl.pauseRecording()
動画ストリームの記録を一時停止します。
CameraControl.resumeRecording()
一時停止された動画ストリームの記録を再開します。
CameraControl.takePicture()
写真を撮ります。写真データは Blob で受け取ります。

仕様

標準仕様には含まれていません。WebRTC がモバイル端末で広くサポートされるようになった時、これと置き換えられる予定です。

許可設定

Firefox OS 1.4 まで、Camera API は Certified API だったためサードパーティアプリからはアクセスできませんでした。Firefox OS 2.0 からは許可レベルが Privileged に下げられたため、開発者が独自のアプリで利用できるようになりました。

"permissions": {
  "camera": {
    "description": "Required for accessing cameras on the device."
  }
}

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf
 最終更新者: Marsf,