Body.bodyUsed

Body ミックスインの bodyUsed 読み取り専用プロパティは、ボディが既に読み取られたかどうかを示す Boolean 値を含みます。

構文

var myBodyUsed = response.bodyUsed;

Boolean 値。

Fetch Request の例Fetch Request をライブで実行)では、Request() コンストラクターを使用して新しいリクエストを作成し、それを使用して JPG をフェッチします。 フェッチが成功したら、blob() を使用してレスポンスから Blob を読み取り、URL.createObjectURL を使用してオブジェクト URL に格納し、その URL を <img> 要素のソースとして設定して画像を表示します。

response.blob() の呼び出し前後に、response.bodyUsed をコンソールに記録していることに注目してください。 その時点でボディが読み取られたかによるため、これは呼び出し前では false を返し、その後では true を返します。

HTML の内容

<img class="my-image" src="https://wikipedia.org/static/images/project-logos/frwiki-1.5x.png">

JS の内容

var myImage = document.querySelector('.my-image');
fetch('https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/77/Delete_key1.jpg').then(function(response) {
    console.log(response.bodyUsed);
    var res = response.blob();
    console.log(response.bodyUsed);
    return res;
}).then(function(response) {
    var objectURL = URL.createObjectURL(response);
    myImage.src = objectURL;
});

仕様

仕様 状態 コメント
Fetch
bodyUsed の定義
現行の標準

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
bodyUsed
実験的
Chrome 完全対応 42
完全対応 42
完全対応 41
無効
無効 From version 41: this feature is behind the Experimental Web Platform Features preference. To change preferences in Chrome, visit chrome://flags.
Edge 完全対応 ≤18Firefox 完全対応 39
完全対応 39
完全対応 34
無効
無効 From version 34: this feature is behind the dom.fetch.enabled preference. To change preferences in Firefox, visit about:config.
IE 未対応 なしOpera 完全対応 29
完全対応 29
完全対応 28
無効
無効 From version 28: this feature is behind the Experimental Web Platform Features preference.
Safari 完全対応 10.1WebView Android 未対応 なしChrome Android 未対応 なしFirefox Android 未対応 なしOpera Android 完全対応 29
完全対応 29
完全対応 28
無効
無効 From version 28: this feature is behind the Experimental Web Platform Features preference.
Safari iOS 完全対応 10.3Samsung Internet Android 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。

関連情報