MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザで開発中の状態にあります。各ブラウザで用いるために、適切なベンダー接頭辞が必要な場合があります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

Fetch APIBody mixin は、コンテンツタイプの種類や扱われ方を決める、リクエスト/レスポンスのボディを表します。

BodyRequestResponse の両方に実装されています — これは関連する body(バイトストリーム)と used flag (初期は未設定)、MIME type (初期は空のバイトシーケンス)を提供します。

プロパティ

Body.bodyUsed 読取専用
既にボディが読み込まれたかどうかを示す Boolean 値。

メソッド

Body.arrayBuffer()
Response ストリームを取得し、完全に読み込む。ArrayBuffer で解決する promise を返す。
Body.blob()
Response ストリームを取得し、完全に読み込む。Blob で解決する promise を返す。
Body.formData()
Response ストリームを取得し、完全に読み込む。FormData オブジェクトで解決する promise を返す。
Body.json()
Response ストリームを取得し、完全に読み込む。JSON オブジェクトで解決する promise を返す。
Body.text()
Response ストリームを取得し、完全に読み込む。USVString(テキスト)で解決する promise を返す。

basic fetch exampleexample ライブを実行)では、画像を取得して <img> タグに表示するために fetch 呼び出しを使用しています。画像をリクエストするので、正しい MIME type をレスポンスに設定するために Body.blobResponse は body を実装しています)を実行する必要があることに注意してください。

var myImage = document.querySelector('.my-image');
fetch('flowers.jpg').then(function(response) {
  return response.blob();
}).then(function(response) {
  var objectURL = URL.createObjectURL(response);
  myImage.src = objectURL;
});

仕様

仕様 状態 コメント
Fetch
Body の定義
現行の標準  

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 42 [1]
 
39 (39) [2] 未サポート

29 [3]

未サポート
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート

[1] バージョン 41 で設定が必要です。

[2] バージョン 34 で設定が必要です。

[3] バージョン 28 で設定が必要です。

関連項目

 

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: hamasaki, chikoski, YuichiNukiyama, fscholz
 最終更新者: hamasaki,