クライアントサイドセッションと永続ストレージ

  • リビジョンの URL スラッグ: User:Taken/クライアントサイドセッションと永続ストレージ
  • リビジョンのタイトル: クライアントサイドセッションと永続ストレージ
  • リビジョンの ID: 263312
  • 作成日:
  • 作成者: Taken
  • 現行リビジョン はい
  • コメント

このリビジョンの内容

{{ Draft() }}

クライアントサイドストレージ

Client Side Storage

Firefox 2.0 は WHAWTWG による Web Applications 1.0 仕様の一部であるクライアントサイドストレージをサポートします。拡張や Firefox 本体で使われる {{ mediawiki.external('Storage|mozStorage') }} とは異なりウェブページで使われます。実際 Client Side Storage の実装に mozStorage が使われています。クライアントサイドストレージにはセッションストレージと永続ストレージがありそれぞれ使い方が違います。ストレージは cookie に似ていますが、cookie とは異なり HTTP(/S) の通信が行われる事はありません。ストレージの処理はブラウザの中だけで完結します。ストレージの許可は cookie の設定に従います。

Firefox 2.0 supports Client Side Storage, a part of Web Applications 1.0 specification by WHAT Working Group. It is used for web pages unlike the {{ mediawiki.external('Storage|mozStorage') }} for Firefox, Extensions, etc. In fact, client-side-storage is implemented by using mozStorage. The client-side-storage is smiler to cookie, but client-side-storage doesn't establish HTTP(/S) communication while cookie does. Processes of client-side-storage are completed in browser only. Permission of client-side-storage follows cookie preference.

セッションストレージ

セッションストレージはあるドメインで1つのセッションの間有効なデータを保存します。セッションの終了(ブラウザを閉じるなど)とともにセッションストレージに保存された情報は消去されます。

永続ストレージ

永続ストレージは特定のドメインでセッションを越えて使われるデータを保存します。グローバルストレージは globalStorage を使って

var gStroage = globalStorage['(ドメイン名)'];

このリビジョンのソースコード

<p>{{ Draft() }}
</p>
<h3 id=".E3.82.AF.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.82.A2.E3.83.B3.E3.83.88.E3.82.B5.E3.82.A4.E3.83.89.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B8" name=".E3.82.AF.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.82.A2.E3.83.B3.E3.83.88.E3.82.B5.E3.82.A4.E3.83.89.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B8"> クライアントサイドストレージ</h3>
<h3 id="Client_Side_Storage" name="Client_Side_Storage"> Client Side Storage </h3>
<p>Firefox 2.0 は WHAWTWG による Web Applications 1.0 仕様の一部である<a class="external" href="http://www.whatwg.org/specs/web-apps/current-work/#scs-client-side">クライアントサイドストレージ</a>をサポートします。拡張や Firefox 本体で使われる {{ mediawiki.external('Storage|mozStorage') }} とは異なりウェブページで使われます。実際 Client Side Storage の実装に mozStorage が使われています。クライアントサイドストレージにはセッションストレージと永続ストレージがありそれぞれ使い方が違います。ストレージは cookie に似ていますが、cookie とは異なり HTTP(/S) の通信が行われる事はありません。ストレージの処理はブラウザの中だけで完結します。ストレージの許可は cookie の設定に従います。
</p><p>Firefox 2.0 supports <a class="external" href="http://www.whatwg.org/specs/web-apps/current-work/#scs-client-side">Client Side Storage</a>, a part of Web Applications 1.0 specification by WHAT Working Group. It is used for web pages unlike the {{ mediawiki.external('Storage|mozStorage') }} for Firefox, Extensions, etc. In fact, client-side-storage is implemented by using mozStorage. The client-side-storage is smiler to cookie, but client-side-storage doesn't establish HTTP(/S) communication while cookie does. Processes of client-side-storage are completed in browser only. Permission of client-side-storage follows cookie preference. </p>
<h3 id=".E3.82.BB.E3.83.83.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.83.B3.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B8" name=".E3.82.BB.E3.83.83.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.83.B3.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B8"> セッションストレージ </h3>
<p>セッションストレージはあるドメインで1つのセッションの間有効なデータを保存します。セッションの終了(ブラウザを閉じるなど)とともにセッションストレージに保存された情報は消去されます。
</p>
<h3 id=".E6.B0.B8.E7.B6.9A.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B8" name=".E6.B0.B8.E7.B6.9A.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B8"> 永続ストレージ </h3>
<p>永続ストレージは特定のドメインでセッションを越えて使われるデータを保存します。グローバルストレージは <code>globalStorage</code> を使って
</p>
<pre>var gStroage = globalStorage['(ドメイン名)'];
</pre>
Revert to this revision