コマンドラインインタープリター

ウェブコンソールのコマンドラインで、JavaScript の構文を即座に評価することができます。

式を入力する

式の入力方法は、コマンドラインに入力して Enter を押下するだけです。複数行の式を入力する場合は、Enter の代わりに Shift+Enter を使用します。

入力した式をメッセージ表示ウィンドウにエコー出力して、その後に結果を出力します:

Firefox 47 の新機能

Firefox 47 より、Enter を押下したときに入力が完了していないと思われる場合は、Shift+Enter として扱い、入力を完了できるようになりました。

例えば、以下のように入力します:

function foo() {

そして Enter を押下すると、コンソールは直ちに入力内容を実行せずに Shift+Enter を押下したかのように動作しますので、関数定義の入力を完了できます。

変数にアクセスする

ページで定義している変数にアクセスすることができ、window のように組み込み済みの変数と jQuery のように JavaScript で追加した変数のどちらでも可能です:

オートコンプリート

コマンドラインにオートコンプリート機能があります。最初の数文字を入力すると、考えられる完成形を示すポップアップを表示します:

候補を受け入れるには Enter または Tab を押下します。また上/下矢印キーで別の候補へ移動できます。どの候補も望まない場合は入力を続けてください。

コンソールは、現在実行中のスタックフレームのスコープから候補を提示します。これにより関数内でブレークポイントに当たった場合は、関数内のローカルオブジェクトもオートコンプリートの対象になります。

配列要素向けのオートコンプリート候補も表示します:

変数を定義する

独自の変数を定義したり、その変数にアクセスしたりできます:

コマンド履歴

コマンドラインは、あなたが入力したコマンドを覚えています: 上下矢印キーで、履歴を行き来できます。

Firefox 39 より、この履歴はセッションをまたいで維持するようになりました。履歴をクリアするには、clearHistory() 支援コマンド を使用してください。

iframe で作業する

ページに インラインフレーム を埋め込んでいる場合は、cd() コマンドで特定のインラインフレームにコンソールのスコープを切り替えることができます。また、インラインフレームで表示しているドキュメントで定義した関数を実行できます。cd() でインラインフレームを選択する方法は 3 通りあります:

インラインフレームの DOM 要素を渡すことができます:

var frame = document.getElementById("frame1");
cd(frame);

インラインフレームにマッチする CSS セレクターを渡すことができます:

cd("#frame1");

インラインフレームの window グローバルオブジェクトを渡すことができます:

var frame = document.getElementById("frame1");
cd(frame.contentWindow);

トップレベルの window にコンテキストを戻す場合は、引数を与えずに cd() を呼び出してください:

cd();

例えば、インラインフレームを埋め込んだドキュメントがあるものとします:

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
  </head>
  <body>
    <iframe id="frame1" src="static/frame/my-frame1.html"></iframe>
  </body>
</html>

インラインフレームで新たな関数を定義しています:

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <script>
      function whoAreYou() {
        return "I'm frame1";
      }
   </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

以下のようにしてコンテキストをインラインフレームに切り替えることができます:

cd("#frame1");

グローバル window の document がインラインフレームであることがわかります:

また、インラインフレーム内で定義した関数を呼び出すことができます:

支援コマンド