WebIDE を使用した Firefox for Android のデバッグ

ジャンプ先:

この記事では、Firefox開発ツールを Firefox 36 以降の Android 用 Firefox に接続する方法について説明します。

長い間、Firefox Developer Tools を Android 用 Firefox に接続してモバイル Web サイトをデバッグすることは可能でした。これまでは、かなり複雑でエラーが発生しやすいプロセスでした。Firefox 36 では、このプロセスをもっと簡単にしました。特に、adb ツールをまったく直接処理する必要はありません。これで WebIDE を使用して接続します。これは舞台裏での adb の設定を担当します。

これを行うには、デスクトップに Firefox 36 以上、モバイルデバイスに Firefox 35 が必要です。以前のバージョンを使用する必要がある場合は、デベロッパーツールを Android 用 Firefox に接続するための古い手順を参照してください。

このガイドは2つの部分に分かれています。最初の部分「前提条件」は、1回だけ行う必要のあるものをカバーし、2番目の部分の「接続する」は、デバイスを接続するたびに行う必要がある作業をカバーします。

前提条件

まず、次のものが必要です。

  • Firefox 36 以降が動作するデスクトップまたはラップトップコンピュータ
  • Android 35 以上の Android 用 Firefox を搭載した Android 用 Firefox を実行できる Android デバイス
  • 2つのデバイスを接続する USB ケーブル

ADB ヘルパー

デスクトップ上の Firefox には、ADB ヘルパーアドオンのバージョン 0.7.1 以上が必要です。これは、初めて WebIDE を開くときに自動的にインストールされます。バージョンを確認するには、ブラウザのアドレスバーに about:addons と入力すると、ADB が表示されます。

ADB ヘルパーのバージョンが 0.7.1 以上でない場合は、「Projects」メニューから「Extra Components を管理」を選択すると、「Extra Components」ウィンドウが表示されます。このウィンドウには ADB ヘルパーのエントリが含まれています:

「アンインストール」をクリックし、「インストール」をクリックすると、最新のバージョンになります。

Android 端末のセットアップ

まず、このリンクの手順 2 と 3 を実行して、USB デバッグを有効にします。

次に Firefox for Android でリモートデバッグを有効にします。ブラウザを開き、メニューを開き、[設定]、[デベロッパーツール] を選択します (一部の Android 搭載端末では、[詳細] を選択して [設定] オプションを表示する必要があります)。[リモートデバッグ] チェックボックスをオンにします。

ブラウザはポート転送を設定することを通知する通知を表示することがありますが、無視することができます。

接続する

Android 端末を USB ケーブルでデスクトップに接続し、WebIDE を開き、「ランタイム」メニューを開きます。「USBデバイス」の下に Android 用 Firefox がデバッグ対象として表示されます。

それを選択してください。Android 搭載端末では警告メッセージが表示されます。

[OK] をクリックします。WebIDE の「アプリケーションを開く」メニューをクリックします。デバイス上に開いているすべてのタブのリストが表示されます。

開発ツールを添付するタブを選択する:

これでリモートデバッグをサポートするすべての Firefox 開発ツールを使用できるようになります。詳細についてはリモートデバッグのページを参照してください。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,