MDN wants to talk to developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/a3e7b5301fea

インスペクターの API を使用する

Firefox アドオンは、chrome://browser/content/devtools/inspector/inspector.xul コンテキストから以下のオブジェクトにアクセスできます:

window.inspector

inspector-panel.js で定義しています。属性と関数:

  • .selection - インスペクターで選択したものに関する情報:
    • .isNode() - 選択したものがノードである場合に true を返します。
    • .node - ページから実際の要素を返します。
    • .window - 選択したものが含まれているフレームの window オブジェクトです。
  • .markDirty() - インスペクターによって変更されたページをマークします。インスペクターで施した変更点は再読み込みによって書き換えられるため、ページから去るときに警告を表示します。

バインド可能なイベント:

markuploaded

ページを変更した後、左側のパネルが更新されたときに呼び出されます。

ready

最初の markuploaded で呼び出されます。

pseudoclass

疑似クラスの切り替え後に呼び出されます。

layout-change

"描画やリサイズなどのための、低優先度の変更イベント"

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,