ソースマップを使用する

このページは、Firefox 52 より前の JavaScript デバッガーについて説明します。

Firefox 52 以降のデバッガーを確認します

JavaScript のソースは、より効率よくサーバーから提供するためにコンバインあるいはミニファイされることがよくあります。さらに CoffeeScript や TypeScript のような言語からコンパイルするように、ページで実行する JavaScript は次第にプログラムによって作られる傾向があります。ソースマップ の使用によって、デバッグをとても容易にするために、デバッガーが実行中のコードを元のソースファイルと対応づけることができます。

デフォルトでは、デバッガーは使用可能であればソースマップを使用します。ソースマップのサポートが有効かを確認する、あるいは必要に応じて無効化する場合は、[デバッガーのオプション] ボタンをクリックして、ポップアップした設定一覧で [元のソースを表示] を確認してください:

もちろん、これを動作させるためにはページで実行する JavaScript にソースマップを与えることが必要です。ソースファイルにコメントディレクティブを追加してください:

//# sourceMappingURL=http://example.com/path/to/your/sourcemap.map

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,