MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

eval ソースをデバッグする

このページは、Firefox 52 より前の JavaScript デバッガーについて説明します。

Firefox 52 以降のデバッガーを確認します

eval() に渡される文字列や Function コンストラクターに渡される文字列といった、動的に評価される JavaScript コードをデバッグできます。

これを行うために、//# sourceURL ディレクティブを使用してソースに名前をつけなければなりません:

var button = document.getElementById("clickme");
button.addEventListener("click", evalFoo, false);

var script = "function foo() {" +
             "  console.log('called foo');" +
             "}" +
             "foo();//# sourceURL=my-foo.js";

function evalFoo() {
  eval(script);
}

これは、スクリプトに "my-foo.js" という名前をつけます。

文字列が評価されるとデバッガーでは別のソースとして表示され、他のソースと同様にデバッグできます。また、ソースを 整形 できます:

ソースにつけた名前は、ウェブコンソール に現れるスタックトレースでも表示されます。

また、無名の eval ソース内にある debugger; 文でもデバッガーが停止します。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,