FUEL

FUEL は、開発者が構築する拡張機能を助けるために、彼らに親しみのある用語とインタフェースを使用してデザインされた JavaScript ライブラリです。FUEL は Firefox 3 の新機能です。

FUEL は、XPCOM の形式的な部分を少なくし、"モダンな" JavaScript のアイデアを追加することによって、拡張機能の開発者の負担を減らしながら生産的にします。私たちは最も利点のある領域の提供からはじめようとしています。

FUEL は、extIApplication のすべての関数を実装する fuelIApplication インタフェースを持っています。このライブラリは、Thunderbird ("STEEL") と SeaMonkey ("SMILE") にも実装されています。

オブジェクト

extIApplication オブジェクト

fuelIApplication オブジェクト

XPCOM

FUEL Application オブジェクトは XUL スクリプトにプリロードされますが、JavaScript XPCOM コードにはプリロードされません。オブジェクトへは他の XPCOM サービスのようにアクセスする必要があります:

var Application = Components.classes["@mozilla.org/fuel/application;1"].getService(Components.interfaces.fuelIApplication);

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: teoli, ethertank, Marsf, Potappo, Mgjbot
最終更新者: teoli,