MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

Thunderbird 3 for users

草案
このページは完成していません。



このページでは Thunderbird 3 のユーザに関連性のある変更点を列挙しています。開発者に関連性のある変更点については、Thunderbird 3 for developers を参照してください。

このページの目的は、ベータテスターの皆様がThunderbird 3 beta 4 で期待した変更や動作の予想を助けることです。ベータテスターの皆様には、新しい機能や変更された動作に遭遇された場合に、このページに追記・編集することが奨励されています。これは、Thunderbird 3 のリリースノートに貢献し、リリース後にはユーザが Thunderbirdの新しいバージョンを導入する際の助けになります。

アカウント

  • ファイル | 新規作成 | メールアカウント に関連づけられたメールアカウントセットアップウィザードが新しくなりました。アカウント情報の入力後、Thunderbird はメールが該当ドメインでどのように設定されているかという詳細情報を取得しようとします。(セットアップや設定情報は Thunderbird チームにより収集され、http://mozillamessaging.com に格納されています。)メールアドレスのドメイン名部分のみが情報として Mozilla メッセージングサーバに送られ、Thunderbird は Mozilla privacy policy を完全に順守しています。設定情報を見つけられなかった場合、Thunderbird は(例えば "imap" や "pop" 接頭辞をドメイン名に付加し、基本リスナーポートにアクセスすることで)一般的な初期値の存在を試します。それでもメールアカウントのドメインを取得できなかった場合、ユーザは手動でアカウントを設定しなければなりません。
  • 差出人、宛先または CC のメールアドレスが設定されているアカウントの一つに該当する場合、メールアドレスは"自分"という文字に置き換えられます。そして、マウスオーバーすることで関連するメールアドレスを見ることができます。この機能を無効にするには、オプションの 詳細 | 既読と表示 ページの "アドレス帳に登録されている人については宛先フィールドで<メールアドレス>部を表示しない" のチェックを外します。
  • 新しい IMAP のアカウントではオフラインフォルダーが初期設定で有効になっています。必要であれば、既存の IMAP フォルダーもオフラインに設定されます。この機能を無効にするには、個々のフォルダーのプロパティか アカウント設定 | 同期とディスク領域 で設定を行います。(同期とディスク領域 ページにある 詳細 ボタンをクリックしてオフラインに設定するフォルダのリストを表示します。)
  • 署名は アカウント設定 で作成することができます(または 差出人情報を管理 ボタンをクリックします)。HTML 形式で記述する チェックボックスをオンにすることで、HTML タグを使うことができます。署名ファイルを設定した場合、署名編集 フィールドに入力した内容は無視されます。GIF、JPEG または PNG フォーマットの画像ファイルを添付ファイルとして設定することが可能です。署名は返信や転送の場合には省略されます。この設定は アカウント設定編集とアドレス入力 ページで編集します。

フォルダ

  • スマートフォルダは複数のアカウントのメールボックスを統合します。スマートフォルダはメニューから 表示 | フォルダ | スマートフォルダ を選択するか、フォルダパネルの右上部にある、進む・戻るボタン(このボタンはすべてのフォルダビューを順に表示します)で選択できます。以前の標準ビュー(アカウント別のフォルダー表示)に戻すには、メニューから 表示 | フォルダ | すべてのフォルダ を選択するか、フォルダパネルの右上部にある矢印ボタンを使用します。

メッセージリスト

  • メッセージリストパネルで折りたたまれたスレッドメールメッセージが選択された場合、Thunderbird 3 ではスレッドの全メッセージの要約を表示します。
  • メッセージリストで複数のメッセージが選択された場合、メッセージ枠には選択されたメッセージの要約情報が表示されます。
  • 折りたたまれたスレッドへの操作は、折りたたまれたスレッド内のすべてのメッセージに対して行われます。たとえば、折りたたまれたスレッドの最初のメッセージを削除する場合、Thunderbird 3 はスレッドのすべてのメッセージを削除します。
  • メッセージリストに表示されているコラムを変更する場合、変更はフォルダ単位で保存されます(異なるフォルダでは異なるコラム設定が適用されます)。

メッセージ

  • スターシンボルはメッセージヘッダ("差出人"、"CC" など)のメールアドレスの左側に表示されます。スターに下線が引かれて満たされていなかった場合、そのコンタクトはあなたのアドレス帳に入っていません。アドレス帳にそのコンタクトを追加するにはスターをクリックします。スターが満たされている場合、そのコンタクトは既にあなたのアドレス帳に入っています。スターをクリックするとコンタクトの詳細を編集できます。
  • メーリングリストから送信されたメッセージを受信すると、返信ボタンには(返信全員へ返信 オプションに加えて) リストへ返信 オプションが追加されます。
  • コンパクトヘッダビュー(メッセージヘッダを縮小して1行に表示する機能)は削除されました。この表示方法は拡張機能として提供されています。
  • メッセージに埋め込まれた画像はウインドウの幅に合わせてリサイズされます。原寸表示と縮小表示を矢印を使用して切り替えます。

タブとメッセージ

Thunderbird のインタフェースでは複数のタブをサポートしています。

  • 新しいタブでメッセージを開くには、メッセージリストでメッセージをダブルクリックします(またはメッセージがハイライトされているときにエンターキーを押します)。あるいは、メッセージリストでメッセージを右クリックして 新しいタブでメッセージを開く を選択します。
  • 新しいタブでフォルダを開くには、フォルダを右クリックして 新しいタブで開く を選択します。
  • メッセージやフォルダをミドルクリックすると、バックグランドの新しいタブに内容が表示されます。
  • タブを閉じるには、閉じるボタンを押すか Ctrl-W のキーボードショートカットを使います。
  • タブのリストや他のタブを選択するには、タブツールバーの右側にあるドロップダウンリストをクリックします。

編集

  • メッセージの一部(テキストやテキストと画像)を選択して返信ボタンを押すと、メッセージ全体ではなく選択された部分のみが返信に引用されます。
  • 転送するメッセージは添付ファイルとしてではなく、インラインメッセージとして送信されるようになります。
  • シフトキーを押しながら転送ボタンを押すと、メッセージには設定と反対のフォーマットで構成されます(設定をテキストにしていた場合は HTML になります)。
  • 転送メッセージにおいては署名は手動で有効にしなければなりません(アカウント設定編集とアドレス入力 ページで設定します)。
  • オプションの編集ページに、添付ファイル名の拡張子チェックを設定する項目ができました。これはメールサーバが添付ファイルのタイプを制限している場合などに、添付ファイルがフィルタアウトされてしまうといったケースを防ぐことができます。
  • Thunderbird はメール中に"添付"という言葉が含まれている場合に、メッセージに添付ファイルがあるかをチェックします。この機能(チェックする言葉のリストなど)はオプションの 編集 | 一般 ページで無効化することができます。
  • メッセージに画像を貼り付ける際に、PNG フォーマットが初期設定になりました。
  • メッセージに挿入された文字が初期設定のエンコードで表示できない場合、UTF-8 への変換がプロンプトなしで自動的に行われるようになりました。

アドレス帳

  • 誕生日の項目が追加されました。
  • "カード" が "コンタクト" にリネームされました。
  • コンタクトに画像を関連づけられるようになりました。
  • Mac OS X では、システムのアドレス帳を最初に読み込むようになりました。

検索

  • Thunderbird には新しいメッセージ検索データベース(Gloda)が搭載されています。Gloda により、検索速度が向上し、洗練された全文検索機能や絞り込み機能つきの検索結果表示が実装されました。Gloda は初期設定で有効にされており、初期設定では検索テキストボックスはツールバーの右側に位置しています。一文字以上の単語を入力すると、単語に対して AND 検索を行うか OR 検索を行うかの選択肢が与えられます。さらに、メールアドレスを入力することができます。Gloda はアドレスの自動補完とテキストの部分一致(たとえば、"ragat" は "operagator" に一致します)を機能させます。検索結果は新しいタブで表示され、左側のパネルに分類(カテゴライズと追加分類オプション)が表示されます。検索結果の情報にはタイムラインが表示され、一致統計を見たり結果を年代順に掘り下げることができます。
  • Thunderbird は Windows Vista、Windows 7 と Mac OS X Spotlight 検索機能に統合されています。この機能は最初に Thunderbird を起動したときに有効にするよう指示され、いつでもオプションの 詳細 | 一般 ページから有効・無効にすることができます。

パフォーマンス、安定性、インターフェイス拡張

  • Thunderbird はオフライン時の運用向上と高速なメッセージ読み込みのために、IMAP のメッセージをバックグランドでダウンロードします。この機能は(フォルダのプロパティーから)個々のフォルダに対して有効にすることが可能で、(アカウント設定 | 同期とディスク領域 から)アカウントに含まれるすべてのフォルダに対して有効にすることも可能です。
  • イベントログ(ツール | イベントログの管理)は Thunderbird とメールプロバイダのインタラクションを記録し、トラブルシューティングに有用な情報を提供します。

その他の改善

  • MathML は初期設定で有効にされています。
  • Thunderbird でビデオの再生ができるようになりました。メールに埋め込まれたビデオを再生するには、右クリックして出てくるコンテキストメニューから操作します。(JavaScriptがセキュリティの面から無効にされているため、コントロールは自動的に有効になりません。)RSS フィードのビデオコンテンツは期待通りにコントロールを表示します。
  • Thunderbird にアドオンマネージャ(ツール | アドオン)が搭載されました。アドオンマネージャでは(拡張機能、テーマとプライグインを含む) Thunderbird Add-ons を検索、ダウンロードし、インストールすることができます。
  • 受信トレイ(やその他のフォルダ)からメッセージを移動して保存するためのアーカイブフォルダシステムが Thunderbird に搭載されました。アーカイブの場所はアカウント設定の 送信控えと特別なフォルダ ページからアカウントごとに設定することができます。メッセージをアーカイブするためにはメッセージヘッダのアーカイブボタンをクリックします。複数のメッセージをアーカイブするためには、メッセージリストからメッセージを選択して メッセージ | アーカイブ をメニューから選択します。初期設定ではアーカイブされたメッセージはメッセージが送信された年(アーカイブされた年ではありません)の名前が付いたフォルダに格納されます。
  • Mac ユーザのために、Thunderbird は Mail.app からメッセージをインポートして Growl をメール到達通知に使用することができます。
  • Gmail ユーザのために、Gmail の英語以外のバージョンを含む Gmail の(送信済トレイやゴミ箱などの)特別なフォルダに対してより良い認証と統合を搭載しました。Thunderbird はすべてのメールをアーカイブフォルダとして使用します。
  • コンパクトメニューアイテムと同等の機能を持つコンパクトボタンが搭載されました。ボタンにアクセスするためにツールバーをカスタマイズすることができます。

リリースノートとアナウンスメント

リリースノートには、それぞれのベータリリース時の変更点に関する詳細な情報が記載されています。

詳細な記事は MozillaZine ナレッジベースを参照してください。ナレッジベースには Thunderbird 3 の変更点の要約や議論、仕様と(Bugzilla、Mozilla wiki や様々なブログ上の)文書へのリンクがあります。詳しくは、Thunderbird 3.0 - New Features and Changes を見てください。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: ykuromiya
 最終更新者: ykuromiya,