mozilla
Your Search Results

    Tamarin Build Documentation

    サポートされているプラットフォーム

    Tamarin は現在 32 ビット Windows, Linux および Mac OS X (PPC, Intel) 上で動作します。プロトタイプの ARM プロセッサ移植コードが利用できますが、まだ不完全で十分テストされていません。

    Tamarin のソースの入手

    Tamarin のソースは Tamarin Central の Mercurial に存在します。Tamarin レポジトリのコピーを作るには以下のコマンドを使います。

        $ hg clone http://hg.mozilla.org/tamarin-central tamarin-central
    

    Tamarin のビルド

    Tamarin のビルドは AVMPlus とガベージコレクタ (MMgc) の全ライブラリを作り、ABC ファイルフォーマットを実行するためのスタンドアローン実行ファイル avmplus を作成します。avmplus 実行ファイルの名前と場所はビルドシステムや設定パラメータによって様々です。引数なしで avmplus を実行すると利用可能なオプションの一覧が表示されます。追加のコマンドライン引数はデバッグ設定でのみ利用可能であることに注意してください。

    Tamarin コードベースは Microsoft Visual Studio と Apple XCode 向けに独立したふたつのビルドシステムを含んでいます。さらに、Mozilla 開発者向けにクロスプラットフォームなビルドシステムがあります。

    Tamarin コードベースはデバッギングフックをサポートする追加コードをビルドすることができます。XCode プロジェクトでは、これは Debug_DebuggerRelease_Debugger 設定です。Flash Player はコードサイズの理由からデバッギングフックを無効にしてビルドしていますが、Mozilla クライアントはデバッギングフックを有効にして Tamarin をビルドするでしょう。

    クロスプラットフォームビルド

    まず、あなたはプラットフォームのMozilla のビルドの必要環境が整っていなくてはなりません。更に Python 2.4 以上と GNU make 3.81 以上が必要です。(GNU make 3.80 は動作しません。他のいかなるブランドの make も動作しません。)

    正しい必要環境を使って、Tamarin をビルドするために以下のコマンドを使ってください:

        $ hg clone http://hg.mozilla.org/tamarin-central
        $ cd tamarin-central
        $ mkdir objdir-debug
        $ cd objdir-debug
        $ python ../configure.py --enable-shell
        $ make
    

    これで全てです。

    Microsoft Visual Studio

    Visual Studio 2005 (VS2005) が Windows での推奨ビルド環境です。Microsoft Visual Studio 2005 を使って Tamarin をビルドするには、Tamarin プロジェクトファイル platform/win32/avmplus_8.sln を開きます。プロジェクトファイル platform/win32/avmplus.sln を使う Visiual Studio 2003 はまだサポートされていますが、将来サポートが打ち切られるかもしれません。

    現在 Windows ビルドは手動で mozilla-central/modules/zlib を同期し modules/zlib ディレクトリを tamarin-central の親ディレクトリにコピーする必要があります。これは将来のビルドシステムではされるはずです。以下のコマンドを実行してください。

        $ hg clone http://hg.mozilla.org/mozilla-central mozilla-central
        $ mkdir ../modules
        $ cp -r mozilla-central/modules/zlib ../modules/zlib
    

    Apple XCode

    プロジェクトファイルは XCode 2.3 と 2.4 向けに設計されています。platform/mac/avmplus/avmplus.xcodeproj/ を参照してください。XCode 2.2 では動かないでしょう。

    プロジェクトファイルはデフォルトで Mac intel の実行ファイルをビルドします。

    PowerPC の Tamarin をビルドするには以下のコマンドを実行してください:

       $ cd tamarin-central
       $ xcodebuild -project platform/mac/shell/shell.xcodeproj
    

    PowerPC 向けにビルドするには ARCHS=ppcxcodebuild コマンドに追加してください。デバッグビルドには -configuration Debug (大文字の D に注意) を追加してください。

    生成された実行ファイルは platform/mac/shell/Release/shell にビルドされています。 (注意: いくつかのライブラリは tamarin-central ディレクトリのtamarin-central/../platform/mac/flash/Builds/Release にビルドされます。これはおそらくバグです。)

    注意: CodeWarrior プロジェクトファイルが提供されていますがサポートされていません。それらを必要とするレガシーコードベースで作業する人々への礼儀として提供されています。

    Linux と Unix

    Tamarin は Linux とその他の Unix 系 OS (Unix flavors) ではテストされていません。とはいえ Unix で Tamarin をビルドすることは可能です。 http://zlib.net/ から zlib のソースをダウンロードする必要があります (あるいはディストリビューションで利用できるソースパッケージを使ってください)。

    ビルドするには以下のコマンドを実行してください:

       $ cd tamarin-central/platform/unix
       $ make ZLIB_ROOT=/path/to/zlib/sources
    

    生成された "avmplus" 実行ファイルは現在のディレクトリにビルドされます。

    アプリケーションのコンパイルと実行

    現在 Tamarin 用のコンパイラは Adobe ActionScript compiler だけです。ActionScript コンパイラ, asc は 2007 年後半にオープンソース化される予定で、現在は Adobe Flex® 2 SDK から自由に利用できます。コンパイラは Java で書かれ、Java™ 1.4 以降の JDK のインストールが必要です。

    プロトタイプのセルフホスティング ECMAScript 第 4 版 コンパイラ esc が Tamarin と一緒に提供されていますが、自分自身をブートストラップしたりアプリケーションをビルドする能力はまだありません。esc は活発に開発されており、今年の後半には Tamarin アプリケーションを生成できるようになるでしょう。

    ActionScript コンパイラをインストールするには以下の手順に従ってください。

    1. Adobe Flex 2 SDK をダウンロードしてインストール
    2. ActionScript コンパイラは lib/asc.jar にあります。lib/asc.jar を Flex SDK インストールディレクトリから tamarin-central/utils/ にコピーします。
    3. Tamarin 固有のスクリプトを builtin.abc にコンパイルするために asc.jar を使ってください:
     $ cd tamarin-central/core
     $ java -ea -DAS3 -Xmx200m -DAVMPLUS -classpath ../utils/asc.jar \
             macromedia.asc.embedding.ScriptCompiler -d -builtin -out builtin \
             builtin.as Math.as Error.as RegExp.as Date.as XML.as
     builtin: 40999
     Files: 6 Time: 1952 ms
    

    アプリケーションのコンパイルに asc.jarbuiltin.abc を使うことができるようになりました。

     $ echo 'print("hello, world")' > hello.as
     $ java -jar ../utils/asc.jar -import builtin.abc hello.as
     hello.abc, 86 bytes written
    

    アプリケーションを実行するには先ほどビルドした avmplus スタンドアローン実行ファイルを使います:

     $ avmplus hello.abc
     hello, world
    

    詳細は asc.jaravmplus-help オプションを使ってください。

    Tamarin 準拠テストを実行する

    現在 Tamarin 準拠テストはインストールを確認するのに使うことができます。Tamarin テストスイートを実行するには以下の手順に従う必要があります:

    1. AVM 環境変数を avmplus 実行ファイルのパスに設定する
    2. 事前にコンパイルされた .abc テストファイルを使いたいなら、tamarin-test-abcs.tar.gztamarin-central/test ディレクトリに展開します。
    3. テストをコンパイルしたいなら $ASCasc.jar の場所に、$GLOBALABCbuiltin.abc の場所に設定します。
    4. テスト Perl スクリプトを実行します test/runtests.pl.
    $ cd tamarin-central/test
    $ perl runtests.pl
    
    Test Time : 3 minutes 49 seconds
    passes    : 54749
    failures  : 0
    

    テストに失敗したら、runtests.pl のデバッグフラグ (--d) と詳細フラグ (--v) が役立つでしょう。もし .abc ファイルが不正であると avmplus が報告したら、上記の手順 2 のファイルのダウンロードでバイナリ転送プロトコルを使ったか確認してください。

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Taken, kohei.yoshino
    最終更新者: Taken,