XUL Application Packaging

XULRunner アプリケーションパッケージは、 Firefox 拡張機能のような標準的なツールキットバンドルへ、アプリケーションを記述するためのマニフェストファイル(<tt>application.ini</tt>)を加えたものである。 XULアプリは通常、拡張子 .xulapp または .xpi の圧縮されたアーカイブである。これらは XULRunner のコマンドラインフラグ "-install-app" によってインストールすることができる(XULRunner 1.8.0.1 リリースノート 参照)。

application.ini

<tt>application.ini</tt> マニフェストは拡張機能のルートに配置され、XULRunnerにアプリケーションを正しく起動させるためのめたデータを提供する。これはWindowsのINIファイルのように <tt>[Headings]</tt> と <tt>Key=Value</tt> の組み合わせでパースされる。<tt>;</tt> または <tt>#</tt>で始まる行は、コメントとして扱われる。

サンプルの application.ini ファイルはこちら

the mozilla source tree

[App] セクション

<tt>App</tt> セクションはアプリケーションに関するメタデータを指定する。

Name
アプリケーション名を指定する。
必須
例: <tt>Name=TestApplication</tt>

Version
アプリケーションのバージョン番号を指定する。
必須
バージョン番号についての詳細はこちら Toolkit version format
例: <tt>Version=0.1</tt>

BuildID
一意のビルドIDを指定する。これは通常日付のIDであり、アプリケーションのすべてのリリースされたバージョンで異なる必要がある。
必須
例: <tt>BuildID=20060201</tt>

ID
一意のアプリケーションIDを指定する。
必須
アプリケーションIDは、extension IDsと同じく、Eメールのような形式<tt>ApplicationName@vendor.tld</tt>も、UUID <tt>{12345678-1234-1234-1234-123456789abc}</tt>形式も可能である。新たに開発されたアプリケーションについてはEメール形式が推薦される。
例: <tt>ID=TestApplication@example.tld</tt>

Vendor
アプリケーションベンダー名を指定する。
任意
例: <tt>Vendor=Grinch Productions</tt>

[Gecko] セクション

<tt>Gecko</tt>セクションはどのバージョンの XULRunner が必要かを指定する。

MinVersion
このアプリケーションに必要な XULRunner の最小バージョンを指定する。
必須
例: <tt>MinVersion=1.8</tt>

MaxVersion
このアプリケーションに必要な XULRunner の最大バージョンを指定する。
任意 - デフォルト値は XULRunner 2 未満のすべての XULRunner である。
例: <tt>MaxVersion=1.8.0.*</tt>

[XRE] セクション

<tt>XRE</tt> セクションは XULRunner のさまざまな機能を起動時に有効にするかどうかを指定する。

EnableExtensionManager
拡張と拡張の管理を有効にするかどうかを指定する。適切な値は 1 か 0 である。
任意 - デフォルトは 0
注意: このオプションは拡張機能/テーマのマネージャを開くためのUIとなるメニュー項目を加えるものではない。それはアプリケーション開発者がするべきことである。
例: <tt>EnableExtensionManager=1</tt>

EnableProfileMigrator</dt>
アプリケーションを初めて起動した時にプロファイルが存在しなかった場合、 nsIProfileMigrator インターフェースを通してプロファイルの移行を有効にするかどうかを指定する。

適切な値は 1 か 0 である。
任意 - デフォルトは 0
注意: アプリケーション開発者は nsIProfileMigrator interface を実装しなければならない。未実装の場合、プロファイルの移行は実行されない。
例: <tt>EnableProfileMigrator=1</tt>