リビジョンの比較

JS Debugger API Guide

リビジョン 372845:

リビジョン 372845 (編集者: yoshitanaka / 編集日時:

リビジョン 372895:

リビジョン 372895 (編集者: yoshitanaka / 編集日時:

タイトル:
JS Debugger API Guide
JS Debugger API Guide
URL スラッグ:
SpiderMonkey/JS_Debugger_API_Guide
SpiderMonkey/JS_Debugger_API_Guide
内容:

リビジョン 372845
リビジョン 372895
n14      新しいJavaScript デバッガAPIはSpiderMonkey 1.8.6で紹介され、 JavaScriptのデn14      新しいJavaScript デバッガAPIはSpiderMonkey 1.8.6で紹介され、 JavaScriptのデ
>バッグ機能の実装である古い版の <a href="/en/JSDBGAPI_Reference" title="JSDBGAPI >バッグ機能の実装である古い版の <a href="/en/JSDBGAPI_Reference" title="JSDBGAPI 
>Reference">JSDBGAPI</a> よりも便利で使いやすいAPIとして提供されています。このAPIは、JavaScri>Reference">JSDBGAPI</a> よりも便利で使いやすいAPIとして提供されています。このAPIは、JavaScri
>ptエンジンがデバッガを実装するために何をしているのか、コードを実行する際の進行状況をモニターするために、chromeコードから内>ptエンジンがデバッガを実装するために何をしているのか、コードを実行する際の進行状況をモニターするために、chromeコードから内
>部の状態をみることを許可するための必要な取りかかり口を提供します。コードの内容は利用できません。>部の状態をみることを許可するための必要なフックを提供します。コードの内容は利用できません。
n19    <h2 id="Getting_access_to_the_Debugger">n19    <h2 id=".E3.83.87.E3.83.90.E3.83.83.E3.82.AC.E3.81.AB.E3.82.A
 >2.E3.82.AF.E3.82.BB.E3.82.B9.E3.81.99.E3.82.8B">
n43    <h2 id="Glossary">n43    <h2 id=".E7.94.A8.E8.AA.9E.E9.9B.86">
n61    <h3 id="Global_object">n61    <h3 id=".E5.A4.A7.E5.9F.9F.E3.82.AA.E3.83.96.E3.82.B8.E3.82.A
 >7.E3.82.AF.E3.83.88">
n73    <h3 id="Invocation_functions">n73    <h3 id=".E3.82.A4.E3.83.B3.E3.83.9C.E3.82.B1.E3.83.BC.E3.82.B
 >7.E3.83.A7.E3.83.B3.E9.96.A2.E6.95.B0">
n92    <h3 id="Referent">n92    <h3 id=".E5.8F.82.E7.85.A7">
n98    <h2 id="Inspecting_debuggee_objects">n98    <h2 id=".E3.83.87.E3.83.90.E3.83.83.E3.82.B0.E3.82.AA.E3.83.9
 >6.E3.82.B8.E3.82.A7.E3.82.AF.E3.83.88.E3.81.AE.E6.A4.9C.E6.9F.BB"
 >>
n104    <h3 id="The_Debugger.DebuggeeWouldRun_exception">n104    <h3 id="Debugger.DebuggeeWouldRun_.E4.BE.8B.E5.A4.96">
n124    <h2 id="Debuggee_frames">n124    <h2 id=".E3.83.87.E3.83.90.E3.83.83.E3.82.B0.E5.AF.BE.E8.B1.A
 >1.E3.81.AE.E3.83.95.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.83.A0">
n128      デバッグ対象内の各スタックフレームは、正確に一つの <a href="/en/SpiderMonkey/JS_Debun128      デバッグ対象内の各スタックフレームは、正確に一つの <a href="/en/SpiderMonkey/JS_Debu
>gger_API_Reference/Debugger.Frame" title="Debugger"><code>Debugge>gger_API_Reference/Debugger.Frame" title="Debugger"><code>Debugge
>r.Frame</code></a> のインスタンスにより表されている。デバッグ対象が固有のフレーム内で動作している間、呼び出され>r.Frame</code></a> のインスタンスにより表されている。デバッグ対象が固有のフレーム内で動作している間、呼び出され
>るすべての取りかかり口となるオブジェクトのメソッドは、同じフレームオブジェクトを受け取ります。同様に、スタックを移動して以前にアク>るすべてのフックとなるオブジェクトのメソッドは、同じフレームオブジェクトを受け取ります。同様に、スタックを移動して以前にアクセスさ
>セスされたデバッグ対象のスタックフレームに戻ることは、以前と同じフレームオブジェクトを取得する事です。デバッガは追加の属性をフレー>れたデバッグ対象のスタックフレームに戻ることは、以前と同じフレームオブジェクトを取得する事です。デバッガは追加の属性をフレームオブ
>ムオブジェクトに付け足すことができ、それらを後見つけることを要求します。これに加えて、二つの命令が同一のフレームを参照しているかど>ジェクトに付け足すことができ、それらを後見つけることを要求します。これに加えて、二つの命令が同一のフレームを参照しているかどうかを
>うかを判断するために、 <code>==</code> オペレータを使う事ができます。>判断するために、 <code>==</code> オペレータを使う事ができます。
n142    <h3 id="Generator_frames">n142    <h3 id=".E3.82.B8.E3.82.A7.E3.83.8D.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B
 >F.E3.83.95.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.83.A0">
n151    <h4 id="Differences_between_generator_frames_and_other_framesn151    <h4 id=".E3.82.B8.E3.82.A7.E3.83.8D.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B
>">>F.E3.83.95.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.83.A0.E3.81.A8.E4.BB.96.E3.81.AE.
 >E3.83.95.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.83.A0.E3.81.A8.E3.81.AE.E7.9B.B8.E9
 >.81.95">
n176    <h4 id="How_generator_frames_and_other_frames_are_the_same">n176    <h4 id=".E5.A6.82.E4.BD.95.E3.81.AB.E3.82.B8.E3.82.A7.E3.83.8
 >D.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.BF.E3.83.95.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.83.A0.
 >E3.81.A8.E4.BB.96.E3.81.AE.E3.83.95.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.83.A0.E3
 >.81.8C.E5.90.8C.E3.81.98.E3.81.AB.E3.81.AA.E3.82.8B.E3.81.8B">
n182    <h4 id="The_lifespan_of_a_generator_frame">n182    <h4 id=".E3.82.B8.E3.82.A7.E3.83.8D.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B
 >F.E3.83.95.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.83.A0.E3.81.AE.E7.94.9F.E5.AD.98.
 >E6.9C.9F.E9.96.93">
n191    <h3 id="Exception_handling">n191    <h3 id=".E4.BE.8B.E5.A4.96.E5.87.A6.E7.90.86">
n194    <h4 id="Exception_unwinding">n194    <h4 id=".E4.BE.8B.E5.A4.96.E3.82.92.E3.81.BB.E3.81.A9.E3.81.8
 >F">
n203    <h2 id="Scripts">n203    <h2 id=".E3.82.B9.E3.82.AF.E3.83.AA.E3.83.97.E3.83.88">
n221    <h4 id="How_Debugger.Scripts_are_created">n221    <h4 id=".E3.81.A9.E3.81.AE.E3.82.88.E3.81.86.E3.81.ABDebugger
 >.Scripts.E3.81.AF.E7.94.9F.E6.88.90.E3.81.95.E3.82.8C.E3.82.8B.E3
 >.81.8B">
n228      <li>取りかかり口であるオブジェクトメソッド <a href="/en/SpiderMonkey/JS_Debuggn228      <li>フックであるオブジェクトメソッド <a href="/en/SpiderMonkey/JS_Debugger_
>er_API_Reference/Debugger#onNewScript()" title="en/SpiderMonkey/J>API_Reference/Debugger#onNewScript()" title="en/SpiderMonkey/JS_D
>S_Debugger_API_Reference/Debugger#onNewScript()"><code>Debugger.o>ebugger_API_Reference/Debugger#onNewScript()"><code>Debugger.onNe
>nNewScript()</code></a> を呼び出す事。>wScript()</code></a> を呼び出す事。
n248    <h2 id="Objects">n248    <h2 id=".E3.82.AA.E3.83.96.E3.82.B8.E3.82.A7.E3.82.AF.E3.83.8
 >8">
n266    <h2 id="How_values_are_passed_between_debugger_and_debuggee">n266    <h2 id=".E5.A6.82.E4.BD.95.E3.81.AB.E5.80.A4.E3.81.AF.E3.83.8
 >7.E3.83.90.E3.83.83.E3.82.AC.E3.81.A8.E3.83.87.E3.83.90.E3.83.83.
 >E3.82.B0.E5.AF.BE.E8.B1.A1.E3.81.AE.E9.96.93.E3.81.A7.E6.B8.A1.E3
 >.81.95.E3.82.8C.E3.82.8B.E3.81.8B">
t280    <h2 id="See_also">t280    <h2 id=".E4.BB.A5.E4.B8.8B.E3.82.82.E5.8F.82.E7.85.A7.E3.81.9
 >7.E3.81.A6.E4.B8.8B.E3.81.95.E3.81.84">

前に戻る