リビジョンの比較

Repackaging Firefox

リビジョン 188939:

リビジョン 188939 (編集者: Yama / 編集日時:

リビジョン 188940:

リビジョン 188940 (編集者: Yama / 編集日時:

タイトル:
Repackaging Firefox
Repackaging Firefox
URL スラッグ:
Repackaging_Firefox
Repackaging_Firefox
内容:

リビジョン 188939
リビジョン 188940
n10    <h3 name=".E5.A4.A7.E5.88.87.E3.81.AA.E6.B3.95.E7.9A.84.E7.95n10    <h3 id=".E5.A4.A7.E5.88.87.E3.81.AA.E6.B3.95.E7.9A.84.E7.95.9
>.99.E6.84.8F.E4.BA.8B.E9.A0.85">>9.E6.84.8F.E4.BA.8B.E9.A0.85" name=".E5.A4.A7.E5.88.87.E3.81.AA.E
 >6.B3.95.E7.9A.84.E7.95.99.E6.84.8F.E4.BA.8B.E9.A0.85">
n14      作業に取りかかる前に、大切なこととして、Firefox の配布に関する法的な事項を理解し遵守してください。Firefon14      作業に取りかかる前に、大切なこととして、Firefox の配布に関する法的な事項を理解し遵守してください。Firefo
>x の改変版を配布するにあたっては、Mozilla からの書面による認可が必要です。認可を得るためには、licensing@moz>x の改変版を配布するにあたっては、Mozilla からの書面による認可が必要です。認可を得るためには、<a class=" li
>illa.com にご連絡ください。>nk-mailto" href="mailto:licensing@mozilla.com" rel="freelink">lic
 >ensing@mozilla.com</a> にご連絡ください。
n16    <h3 name=".E3.81.BE.E3.81.9A.E3.81.AF.E3.81.98.E3.82.81.E3.81n16    <h3 id=".E3.81.BE.E3.81.9A.E3.81.AF.E3.81.98.E3.82.81.E3.81.A
>.AB">>B" name=".E3.81.BE.E3.81.9A.E3.81.AF.E3.81.98.E3.82.81.E3.81.AB">
n23      <img alt="画像:Repackaging overview graph-1.jpg" src="File:jan23      <img alt="画像:Repackaging overview graph-1.jpg" fileid="1792
>/Media_Gallery/Repackaging_overview_graph-1.jpg">>" src="File:ja/Media_Gallery/Repackaging_overview_graph-1.jpg">
n50    <h3 name="distro_extension">n50    <h3 id="distro_extension" name="distro_extension">
n60      Firefox にバンドルしたい拡張機能がすでに手元にあり、標準設定を数カ所変更する以外に他に拡張機能をバンドルしたくn60      Firefox にバンドルしたい拡張機能がすでに手元にあり、標準設定を数カ所変更する以外に他に拡張機能をバンドルしたく
>ない場合は、既存の拡張機能で必要な作業をすべて行うことができます。そうはいっても、このチュートリアルには目を通しておくことをお奨め>ない場合は、既存の拡張機能で必要な作業をすべて行うことができます。そうはいっても、このチュートリアルには目を通しておくことをお奨め
>します。というのも、このチュートリアルには、こうしたタイプの拡張機能を作成する際に特有のヒントが掲載されていますし、ユーザがスムー>します。というのも、このチュートリアルには、こうしたタイプの拡張機能を作成する際に特有のヒントが掲載されていますし、ユーザがスムー
>ズにアップグレードできるようにするためにいくつかのオプションを変更する必要もあるからです。最低限、「Important Exten>ズにアップグレードできるようにするためにいくつかのオプションを変更する必要もあるからです。最低限、「重要な拡張機能設定項目」 とい
>sion Preferences」 というセクションだけは必ず目を通しておいてください。>うセクションだけは必ず目を通しておいてください。
n62    <h4 name=".E3.82.B5.E3.83.B3.E3.83.97.E3.83.AB_DEX">n62    <h4 id=".E3.82.B5.E3.83.B3.E3.83.97.E3.83.AB_DEX" name=".E3.8
 >2.B5.E3.83.B3.E3.83.97.E3.83.AB_DEX">
n66      作業を開始するにあたってのベストな方法は、シンプルな DEX を参考にして、必要に応じて変更を施すというものです。こちn66      作業を開始するにあたってのベストな方法は、シンプルな DEX を参考にして、必要に応じて変更を施すというものです。こち
>らの <img alt="画像:Sample.xpi" src="File:ja/Media_Gallery/Sample.xpi>らの <img alt="画像:Sample.xpi" fileid="1793" src="File:ja/Media_Gall
>"> をダウンロードします (リンクを辿り、右クリックから 'リンク先を保存...' を選択します)。XPI ファイルの実体は Z>ery/Sample.xpi"> をダウンロードします (リンクを辿り、右クリックから 'リンク先を保存...' を選択します)。
>IP ファイルです。解凍にあたっては、どの ZIP プログラムを使ってもかまいません (Windows では WinZIP、Mac>XPI ファイルの実体は ZIP ファイルです。解凍にあたっては、どの ZIP プログラムを使ってもかまいません (Windows
> や Linux では zip など)。この XPI には次の内容物が含まれています。> では WinZIP、Mac や Linux では zip など)。この XPI には次の内容物が含まれています。
n148    <h4 name=".E3.83.AD.E3.82.B1.E3.83.BC.E3.83.AB">n148    <h4 id=".E3.83.AD.E3.82.B1.E3.83.BC.E3.83.AB" name=".E3.83.AD
 >.E3.82.B1.E3.83.BC.E3.83.AB">
n161      もちろん、この方法は文字列のローカライズが必要ない場合か、プログラミング的にローカライズ可能な場合 (例:<span n161      もちろん、この方法は文字列のローカライズが必要ない場合か、プログラミング的にローカライズ可能な場合 (例:<span 
>class="plain">http://&lt;locale&gt;.example.com/</span> のように、URL >class="nowiki">http://&lt;locale&gt;.example.com/</span> のように、URL
>にロケールを追加するだけの場合) に限りますが、ロケールサポートを考える上では考慮に値する方法です。> にロケールを追加するだけの場合) に限りますが、ロケールサポートを考える上では考慮に値する方法です。
n163    <h4 name=".E8.A8.AD.E5.AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.AE">n163    <h4 id=".E8.A8.AD.E5.AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.AE" name=".E8.A8.AD
 >.E5.AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.AE">
n170      <li>ローカライズ可能な設定項目。Firefox がローカライズされた値を引っ張って来れるプロパティファイルをポインn170      <li>ローカライズ可能な設定項目。Firefox がローカライズされた値を引っ張って来れるプロパティファイルをポイン
>ティングする <tt>chrome://</tt> URI の値を持っています。>ティングする <tt><a class=" external" href="chrome://" rel="freelink">c
 >hrome://</a></tt> URI の値を持っています。
n187    <h5 name=".E9.87.8D.E8.A6.81.E3.81.AA.E6.8B.A1.E5.BC.B5.E6.A9n187    <h5 id=".E9.87.8D.E8.A6.81.E3.81.AA.E6.8B.A1.E5.BC.B5.E6.A9.9
>.9F.E8.83.BD.E8.A8.AD.E5.AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.AE">>F.E8.83.BD.E8.A8.AD.E5.AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.AE" name=".E9.87.8D.E
 >8.A6.81.E3.81.AA.E6.8B.A1.E5.BC.B5.E6.A9.9F.E8.83.BD.E8.A8.AD.E5.
 >AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.AE">
n205    <h5 name=".E3.81.9D.E3.81.AE.E4.BB.96.E3.81.AE.E8.A8.AD.E5.AEn205    <h5 id=".E3.81.9D.E3.81.AE.E4.BB.96.E3.81.AE.E8.A8.AD.E5.AE.9
>.9A.E9.A0.85.E7.9B.AE">>A.E9.A0.85.E7.9B.AE" name=".E3.81.9D.E3.81.AE.E4.BB.96.E3.81.AE.E
 >8.A8.AD.E5.AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.AE">
n211    <h6 name=".E3.83.AD.E3.83.BC.E3.82.AB.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.82n211    <h6 id=".E3.83.AD.E3.83.BC.E3.82.AB.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.82.B
>.BA.E4.B8.8D.E8.83.BD.E3.81.AA.E8.A8.AD.E5.AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.A>A.E4.B8.8D.E8.83.BD.E3.81.AA.E8.A8.AD.E5.AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.AE"
>E">> name=".E3.83.AD.E3.83.BC.E3.82.AB.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.82.BA.E4.
 >B8.8D.E8.83.BD.E3.81.AA.E8.A8.AD.E5.AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.AE">
n220    <h6 name=".E3.83.AD.E3.83.BC.E3.82.AB.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.82n220    <h6 id=".E3.83.AD.E3.83.BC.E3.82.AB.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.82.B
>.BA.E5.8F.AF.E8.83.BD.E3.81.AA.E8.A8.AD.E5.AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.A>A.E5.8F.AF.E8.83.BD.E3.81.AA.E8.A8.AD.E5.AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.AE"
>E">> name=".E3.83.AD.E3.83.BC.E3.82.AB.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.82.BA.E5.
 >8F.AF.E8.83.BD.E3.81.AA.E8.A8.AD.E5.AE.9A.E9.A0.85.E7.9B.AE">
n242    <h3 name="Firefox_.E3.81.AE.E5.86.8D.E3.83.91.E3.83.83.E3.82.n242    <h3 id="Firefox_.E3.81.AE.E5.86.8D.E3.83.91.E3.83.83.E3.82.B1
>B1.E3.83.BC.E3.82.B8">>.E3.83.BC.E3.82.B8" name="Firefox_.E3.81.AE.E5.86.8D.E3.83.91.E3.
 >83.83.E3.82.B1.E3.83.BC.E3.82.B8">
n249      <img alt="画像:Repackager.jpg" src="File:ja/Media_Gallery/Repn249      <img alt="画像:Repackager.jpg" fileid="1791" src="File:ja/Med
>ackager.jpg">>ia_Gallery/Repackager.jpg">
t273    </p>{{ wiki.languages( { "en": "en/Repackaging_Firefox" } ) }t273    </p>{{ languages( { "en": "en/Repackaging_Firefox" } ) }}
>} 

前に戻る