<preferences> 要素リファレンス

概説

<preferences><preference> 要素のためのコンテナ要素です。この要素は <prefpane> 要素の子要素であることが想定されます。

<preferences> 要素は一つ以上の <preference> 要素を含んでいるべきです。

注意: 以下のメソッドとプロパティのうちどれが公開のものであるかは、明らかになっていません。

XUL構文

<preferences>
  <preference id="pref_one" name="extensions.myextension.one" type="bool"/>
  <preference id="pref_two" name="extensions.myextension.two" type="string"/>
    ... などなど ...
</preferences>

メソッド

void fireChangedEvent(in DOMElement preference); 
渡された preference 要素のための(バブリングしない) changed イベントを生成して発行します。また、その要素の onchanged 属性で指定されたコードを実行します。<preference> の change イベントの説明も参照してください。
void observe(in nsISupports aSubject, in string aTopic, in wstring aData); 
nsIObserver のメソッドは、この要素の子要素としてリストされたpreference要素の変更を反映するために、内部的に使用されます。

フィールド

これらは読み取り専用であることが期待されます; これらのうち3つは一つのメンバに統合されることができました。

attribute nsIPrefService service; 
設定サービス。
attribute nsIPrefBranch rootBranch; 
設定の枝のルート(The root prefs branch)。
attribute nsIPrefBranch defaultBranch; 
既定の値を示す、設定のツリーの枝のルート(The root prefs branch of the tree with default values)。
attribute nsIPrefBranch2 rootBranchInternal; 
nsIPrefBranch2インターフェイスによる、設定の枝のルート。

ドキュメントのタグと貢献者

 最終更新者: Piro,