nsIDOMSimpleGestureEvent

nsIDOMSimpleGestureEvent インターフェースはマウスやトラックパッドによるジェスチャイベントを表現します。

Please add a summary to this article.
  最終更新: Gecko 1.9.1 (Firefox 3.5 / Thunderbird 3.0 / SeaMonkey 2.0)

継承元: nsIDOMMouseEvent

メソッドの概要

void initSimpleGestureEvent(in DOMString typeArg,
                            in boolean canBubbleArg,
                            in boolean cancelableArg,
                            in nsIDOMAbstractView viewArg,
                            in long detailArg,
                            in long screenXArg,
                            in long screenYArg,
                            in long clientXArg,
                            in long clientYArg,
                            in boolean ctrlKeyArg,
                            in boolean altKeyArg,
                            in boolean shiftKeyArg,
                            in boolean metaKeyArg,
                            in unsigned short buttonArg,
                            in nsIDOMEventTarget relatedTargetArg,
                            in unsigned long directionArg,
                            in double deltaArg);

属性

属性 説明
direction unsigned long ジェスチャの移動方向。このページの Direction constantsRotation constants を参照。読み取り専用。
delta double

ジェスチャがどれほど移動したかを示す変化量。Update イベント (MozXxxGestureUpdate イベント) では前回の更新からの変化を示します。MozRotateGestureMozMagnifyGesture イベントでは、これはイベントが処理されてからの総変化量を表します。

回転イベントでは、この値は度で指定されます (正の値は時計回りの回転を表し、負の値は反時計回りの回転を表します)。拡大ジェスチャでは、単位は実装独自ですが、正の値は拡大を表し、負の値は縮小を表します。

注意: 現時点において Mac OS X では拡大ジェスチャでつかわれる単位が文書化されていません。典型的な値は 0.0 から 100.0 の範囲のようです。しかし、現在信頼できるのは、値が正になるか負になるかのみです。Windows では、今回とその直前における、2 つのタッチ点間の幅の変化をピクセル単位で表します。

方向についての定数

定数 説明
DIRECTION_UP 1 上向きスワイプ。
DIRECTION_DOWN 2 下向きスワイプ。
DIRECTION_LEFT 4 左向きスワイプ。
DIRECTION_RIGHT 8 右向きスワイプ。

回転についての定数

定数 説明
ROTATION_COUNTERCLOCKWISE 1 反時計回りの回転。
ROTATION_CLOCKWISE 2 時計回りの回転。

メソッド

initSimpleGestureEvent()

ジェスチャイベントの初期化

void initSimpleGestureEvent(
  in DOMString typeArg,
  in boolean canBubbleArg,
  in boolean cancelableArg,
  in nsIDOMAbstractView viewArg,
  in long detailArg,
  in long screenXArg,
  in long screenYArg,
  in long clientXArg,
  in long clientYArg,
  in boolean ctrlKeyArg,
  in boolean altKeyArg,
  in boolean shiftKeyArg,
  in boolean metaKeyArg,
  in unsigned short buttonArg,
  in nsIDOMEventTarget relatedTargetArg,
  in unsigned long directionArg,
  in double deltaArg
);
パラメータ
directionArg
direction 属性に代入する値。
deltaArg
delta 属性に代入する値。

参照

 

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Potappo, Taken
 最終更新者: Potappo,