wizardpage

この要素は wizard 内でページを定義します。ページの内容は wizardpage 要素の中に置かれるべきです。

詳しい情報は、XUL チュートリアルにあります。

属性
description, label, next, onpageadvanced, onpagehide, onpagerewound, onpageshow, pageid
プロパティ
next, pageid

<?xml version="1.0"?>
<?xml-stylesheet href="chrome://global/skin/" type="text/css"?>

<wizard id="theWizard" title="Secret Code Wizard"
  xmlns="http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul">

<script>
function checkCode(){
  document.getElementById('theWizard').canAdvance = (document.getElementById('secretCode').value == "cabbage");
} 
</script>

  <wizardpage onpageshow="checkCode();">
       <label value="Enter the secret code:"/>
       <textbox id="secretCode" onkeyup="checkCode();"/>
  </wizardpage>

  <wizardpage>
       <label value="That is the correct secret code."/>
  </wizardpage>

</wizard>

属性

description
型: 文字列型
dialog の title に加えて表示される説明的なテキスト。
label
型: 文字列型
要素上に表示するlabel。 省略された場合、テキストは表示されない。
next
型: 文字列型の wizardpage の id
このページの後にくる次ページの pageid を設定します。設定すると、Next ボタンが押された時、この pageID を持った page が表示されます。これは連続した手順を持たない wizard の作成に使用されます。一つの page に next 属性があるときは、最後の page を除き、すべての page がこの属性を持つべきです。
onpageadvanced
型: スクリプトコード
ユーザが現在のページ上で Next ボタンを押した時に呼び出されるコードを設定します。次のページを表示するには true を返し、次のページへの移動を許可しないときは false を返してください。
onpagehide
型: スクリプトコード
この属性内のコードは、他のページへ移動した時などそのページが隠された時、呼び出されます。ページの変更を許可するには true を返し、変更を防ぐには false を返してください。このコードは wizard 要素の onwizardnext 属性および関連する関数の前に呼び出されます。
onpagerewound
型: スクリプトコード
ユーザが現在のページ上で Back ボタンを押した時に呼び出されるコードを設定します。前のページを表示するには true を返し、前のページへの移動を許可しないときは false を返してください。
onpageshow
型: スクリプトコード
この属性内のコードは、ページが表示された時に呼び出されます。
pageid
型: 文字列型の wizardpage の id
この属性はページを識別する wizard の id 文字列を設定します。これは next 属性と共に使用されます。wizard は常に、wizard の子リスト内の最初に現れる wizardpage から始まります。

プロパティ

next
型: 文字列型の wizardpage の id
このページの後にくる次ページの pageid を設定します。設定すると、Next ボタンが押された時、この pageID を持ったページが表示されます。これは連続した手順を持たない wizard の作成に使用されます。一つのページに next 属性があるときは、最後のページを除き、すべてのページがこの属性を持つべきです。
pageid
型: 文字列型の wizardpage の id
この属性は、wizard 内の page を識別する id 文字列が設定されます。これは next 属性と共に使用されます。wizard は常に、wizard の子リスト内に最初に現れる wizardpage から始まります。

XUL 要素からの継承
align, , allowEvents, , boxObject, builder, , , , className, , , , , collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, , , flex, height, hidden, id, , , left, , maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, , , , , , , observes, ordinal, orient, , pack, , persist, , , , ref, resource, , , , , statusText, style, ,, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

関連項目

wizard

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: chrisdavidmills, Marsf, Taken
 最終更新者: chrisdavidmills,