treecell

tree の 1 つのセルです。この要素は treerow の内側に置かれるべきです。label 属性を使うことでセルのテキストを設定できます。

詳しい情報が XUL チュートリアルにあります。

属性
editable, label, mode, properties, ref, src, value

(例が必要)

属性

editable
型: 論理型
column 内の個々のセルの内容を変更できるようにします。特に <treecol type="checkbox"> の場合や、個々の treecell の編集を無効にする場合に役立ちます。ユーザが編集可能なセルをダブルクリックすると、セルの内容を編集するためのテキストフィールドが現れます。
これを適切に動作させるには tree および treecoleditable でなければなりません。これを treecell 上で動作させるには tree が content tree でなければなりません。
label
型: 文字列型
要素上に表示するlabel。 省略された場合、テキストは表示されない。
mode
型: 下記の値のいずれか一つ
進捗メータの列で使用する進捗メータの形式を決定します。
  • none: 進捗メータは表示されません。代わりにセルのテキストが表示されます。
  • normal: セルは進捗バーの最大量を決定するために、その value 属性を使用します。
  • undetermined: progressmeter は未確定です。
properties
型: スペースで区切られたプロパティ名のリスト
要素にスタイル付けに使用される、要素のプロパティを設定します。詳しい情報はツリーのスタイル付けを参照してください。
ref
型: RDFリソースのURI
テンプレートで生成された要素について、コンテンツが生成される位置の RDF のルートノードを指定するために使用します。この属性は、RDF コンテナの about 属性の値に対応します。この属性は datasources 属性の隣になければなりません。
src
型: image の URL
tree のセル内に表示する画像の URL を設定します。この属性が無いときは画像が表示されません。セルには画像とラベルの両方を設定することができます。
value
型: 文字列型
文字列の属性はデータ値を要素に関連付けます。特定の目的のために使われるわけではありませんが、スクリプトからあなた自身の用途のためにアクセスできます。

プロパティ

XUL 要素からの継承
align, , allowEvents, , boxObject, builder, , , , className, , , , , collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, , , flex, height, hidden, id, , , left, , maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, , , , , , , observes, ordinal, orient, , pack, , persist, , , , ref, resource, , , , , statusText, style, ,, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

要素
tree, treecols, treecol, treechildren, treeitem, treerow, treeseparator.

 

ドキュメントのタグと貢献者

 最終更新者: chrisdavidmills,