通常、menu 要素を含むコンテナ。Macintosh では、メニューバーは画面の上に沿って表示され、メニューバー内の非メニュー関連要素は無視されます。

詳しい情報は XUL チュートリアルにあります。

属性
grippyhidden, statusbar
プロパティ
accessibleType, statusbar

Image:XUL_ref_menu.png
<menubar id="sample-menubar">
  <menu id="action-menu" label="Action">
    <menupopup id="action-popup">
      <menuitem label="New"/>
      <menuitem label="Save" disabled="true"/>
      <menuitem label="Close"/>
      <menuseparator/>
      <menuitem label="Quit"/>
    </menupopup>
  </menu>
  <menu id="edit-menu" label="Edit">
    <menupopup id="edit-popup">
      <menuitem label="Undo"/>
      <menuitem label="Redo"/>
    </menupopup>
  </menu>
</menubar>

属性

grippyhidden
Firefox では使用不可
型: 論理型
true に設定すると grippy が隠されます。デフォルト値の false に設定すると grippy が現れます。
statusbar
型: statusbar 要素の id
この属性を statusbar 要素の id に設定した場合、statusbar の label が、ユーザがマウスでポイントしたメニュー項目の statustext に更新されます。

プロパティ

accessibleType
型: 整数型
要素の accessibility オブジェクトの種類を示す値。
statusbar
型: statusbar 要素の id
statusbar 属性の値の取得と設定。

XUL 要素からの継承
align, , allowEvents, , boxObject, builder, , , , className, , , , , collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, , , flex, height, hidden, id, , , left, , maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, , , , , , , observes, ordinal, orient, , pack, , persist, , , , ref, resource, , , , , statusText, style, ,, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

要素
menu, menuitem, menulist, menupopup, menuseparator
インタフェース
nsIAccessibleProvider

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: chrisdavidmills, Marsf, Mgjbot, Okome
 最終更新者: chrisdavidmills,