MDN will switch to a new design later today, a sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

listbox の一つのセル。デフォルトではテキストのみを含みますが、アイコンや checkbox を持った listcell を利用することもできます。

属性
crop, disabled, image, label, type
プロパティ
disabled
スタイルクラス
listcell-iconic,

(例が必要)

属性

crop
型: 下記の値のいずれか一つ
要素の label に与えられた空間が小さ過ぎるときは、crop 属性によって指定された側のテキストが切り取られます。テキストが切り取られた場所には省略記号 (ellipsis)が使用されます。ボックスの方向が反対の場合は、切り取られる場所も反対側になります。
  • start: テキストは先頭から切り取られます。
  • end: テキストは末尾から切り取られます。
  • left: テキストは左側から切り取られます。
  • right: テキストは右側から切り取られます。
  • center: テキストの中央が切り取られ、通常、テキストの先頭と末尾が表示されます。
  • none: テキストは省略記号を使用して切り取られません。しかし、テキストがあまりに長い場合は単純に削除されます。削除する側は CSS の行揃え (text alignment)に依存します。
disabled
型: 論理型
要素が無効化されているかどうかを示します。ある要素が true に設定されていたら、その要素は無効化されています。無効化された要素は通常グレイ表示のテキストで描画されます。要素が無効化されていると、ユーザのアクションには応答せず、フォーカスもあてられず、command イベントも発生しません。

 

image
型: 画像の URL
要素上に表示する画像の URL。この属性が空または除外された場合、画像は表示されません。画像の位置は dir 属性および orient 属性によって決定されます。
label
型: 文字列型
要素上に表示するlabel。 省略された場合、テキストは表示されない。
type
型: 文字列型
この属性の値を checkbox に設定することによって、listbox 内のセルをチェックボックスにすることができます。

プロパティ

disabled
型: 論理型
disabled 属性の値の取得と設定。

XUL 要素からの継承
align, , allowEvents, , boxObject, builder, , , , className, , , , , collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, , , flex, height, hidden, id, , , left, , maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, , , , , , , observes, ordinal, orient, , pack, , persist, , , , ref, resource, , , , , statusText, style, ,, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

スタイルクラス

listcell-iconic
listcell 上に画像を表示するにはこのクラスを使用します。image 属性を使用して画像を指定してください。画像とラベルの両方とも、このスタイルが設定されたときに追加されるので注意してください。label は、ラベルテキストが設定されていなくても余分な空間をつくります。画像を中央に置きたいときは CSS を使用して label を隠してください。

小技

セルのコンテンツを右揃えにする必要があるときは、次のようにします:

cell = document.createElement("listcell");
cell.setAttribute("label", "これはセルのラベルです");
cell.setAttribute("style", "text-align:right");
要素
listbox, listcol, listcols, listhead, listheader, listitem

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: chrisdavidmills, Marsf
 最終更新者: chrisdavidmills,