command

command 要素は複数のソースから操作を呼び出すのに使われます。例えば、クリップボードの貼り付け操作は編集メニューやコンテクストメニュー、キーボードショートカットによって呼び出されます。oncommand 属性を使ってコマンドをコードに追加します。ユーザにどのように呼び出されてもそれは呼ばれるでしょう。さらに、command を無効にすると自動的にメニューアイテムとキーボードショットカットも無効になります。

command は id によって識別されます。chrome://global/content/globalOverlay.js スクリプトをウィンドウに含めると、command を呼び出す goDoCommand 関数を使うことができます。この関数を使うことの利点は、command が応答する UI の部分にも送られることです。特に、これは現在フォーカスされている要素になるでしょう。

broadcaster と同じように、commands は他の要素に属性を転送します。

詳しい情報は XUL チュートリアルにあります。参照: command 属性, commandset 要素

属性
disabled, label, oncommand

以下のコードは貼り付けコマンド (cmd_paste) を現在フォーカスのある要素に送ります:

 // 先に chrome://global/content/globalOverlay.js を include しておいてください
 goDoCommand("cmd_paste");

二つのボタンの例

<command id="cmd_openhelp" oncommand="alert('Help');"/>
<button label="Help" command="cmd_openhelp"/>
<button label="More Help" command="cmd_openhelp"/>

属性

disabled
型: 論理型
要素が無効化されているかどうかを示します。ある要素が true に設定されていたら、その要素は無効化されています。無効化された要素は通常グレイ表示のテキストで描画されます。要素が無効化されていると、ユーザのアクションには応答せず、フォーカスもあてられず、command イベントも発生しません。

 

label
型: 文字列型
要素上に表示するlabel。 省略された場合、テキストは表示されない。
oncommand
型: スクリプトコード
このイベントハンドラは command が活性化した時、呼び出されます。これは、ユーザがメニュー項目を選択したり command に割り当てられたキーボードショートカットが押したりした場合に起こります。

プロパティ

XUL 要素からの継承
align, , allowEvents, , boxObject, builder, , , , className, , , , , collapsed, contextMenu, controllers, database, datasources, dir, , , flex, height, hidden, id, , , left, , maxHeight, maxWidth, menu, minHeight, minWidth, , , , , , , observes, ordinal, orient, , pack, , persist, , , , ref, resource, , , , , statusText, style, ,, tooltip, tooltipText, top, width

メソッド

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: chrisdavidmills, Marsf, Mgjbot, Taken
 最終更新者: chrisdavidmills,