ui.alertNotificationOrigin

この記事は編集レビューを必要としています。ぜひご協力ください

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

ui.alertNotificationOrigin は、 nsIAlertsService によって呼び出されるポップアップ通知において、位置とスライドインの方向を制御します。

  • Type:integer
  • Default value:タスクバー(または同等の機能)の表示位置に依存
  • Exists by default: no
  • Application support: Gecko 1.8.1.2 (Firefox 2.0.0.2 / Thunderbird 2.0.0.4 / SeaMonkey 1.1)
  • Status: Active; last updated 2012-02-22
  • Introduction: Pushed to Nightly on 2007-01-04
  • Bugs: バグ 133527 

Values

0
右下に表示され、下から縦にスライドインする。
1
右下に表示され、右から横にスライドインする。
2
左下に表示され、下から縦にスライドインする。
3
左下に表示され、左から横にスライドインする。
4
右上に表示され、上から縦にスライドインする。
5
右上に表示され、右から横にスライドインする。
6
左上に表示され、上から縦にスライドインする。
7
左上に表示され、左から横にスライドインする。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: ayokura
 最終更新者: ayokura,