Mozilla でのローカライズ

ローカライゼイション (L10n) とは、ソフトウェアのユーザインタフェースをある言語に翻訳し、またその言語の文化で扱いやすいように適応させるのための一連の作業のことです。これらのリソースは、ローカライゼイションに関わる技術的な側面に興味のあるすべての人たちのためのものです。特に、開発者とすべての貢献者の役に立つことを意図しています。

ここの文書はもはや維持されておらず、不正確です。 L10nのドキュメントは、https://mozilla-l10n.github.io/localizer-documentation/に移動しました。Mozilla プロジェクトの新しいロケールをブートストラップする方法については、それらのドキュメントを参照してください。

関連項目

MDN でのローカライズ
こちらの記事では、ここ、つまり MDN にある文書の翻訳について説明します。
App localization
こちらの一連の文書は、アプリのローカライズに特化したものです。Firefox OS アプリも含みます。
L10n
Firefox OS をローカライズするために Mozilla が使う API のリファレンスです。