mozilla

リビジョンの比較

ctypes.jsm

Change Revisions

リビジョン 99593:

リビジョン 99593 (編集者: drry / 編集日時: )

リビジョン 99594:

リビジョン 99594 (編集者: drry / 編集日時: )

タイトル:
ctypes.jsm
ctypes.jsm
URL スラグ:
JavaScript_code_modules/ctypes.jsm
JavaScript_code_modules/ctypes.jsm
内容:

リビジョン 99593
リビジョン 99594
n9      <strong>註:</strong> <code>ctypes.jsm</code> コードモジュールは機能性強化n9      <strong>註:</strong> <code>ctypes.jsm</code> コードモジュールは機能性強化
>するために API 改訂中です。よってこの文書はそれが完了した際に改訂されるでしょう。>ために API 改訂中です。よってこの文書はそれが完了した際に改訂されるでしょう。
n39      ライブラリが無事に読み込まれると、<code>ctypes.open()</code> は節「<a href="/jan39      ライブラリが無事に読み込まれると、<code>ctypes.open()</code> は節「<a href="/ja
>/JavaScript_code_modules/ctypes.jsm#Using_the_library_object" tit>/JavaScript_code_modules/ctypes.jsm#.e3.83.a9.e3.82.a4.e3.83.96.e
>le="ja/JavaScript code modules/ctypes.jsm#Using the library objec>3.83.a9.e3.83.aa.e3.82.aa.e3.83.96.e3.82.b8.e3.82.a7.e3.82.af.e3.
>t">ライブラリオブジェクトの利用</a>」で説明されるライブラリオブジェクトを返します。ライブラリの読み込みに失敗すると、<co>83.88.e3.81.ae.e5.88.a9.e7.94.a8" title="ja/JavaScript code modul
>de>null</code> を返します。>es/ctypes.jsm#ライブラリオブジェクトの利用">ライブラリオブジェクトの利用</a>」で説明されるライブラリオブジェク
 >トを返します。ライブラリの読み込みに失敗すると、<code>null</code> を返します。
n67        関数が返す型。これは<a href="/ja/JavaScript_code_modules/ctypes.jsmn67        関数が返す型。これは<a href="/ja/JavaScript_code_modules/ctypes.jsm
>#Type_constants" title="ja/JavaScript code modules/ctypes.jsm#Typ>#.e5.9e.8b.e5.ae.9a.e6.95.b0" title="ja/JavaScript code modules/c
>e constants">型定数</a>の一つでなければならない。>types.jsm#型定数">型定数</a>の一つでなければならない。
n73        入力引数型の0個以上のリスト。これらは<a href="/ja/JavaScript_code_modules/cn73        入力引数型の0個以上のリスト。これらは<a href="/ja/JavaScript_code_modules/c
>types.jsm#Type_constants" title="ja/JavaScript code modules/ctype>types.jsm#.e5.9e.8b.e5.ae.9a.e6.95.b0" title="ja/JavaScript code 
>s.jsm#Type constants">型定数</a>から選ばれなければならない。>modules/ctypes.jsm#型定数">型定数</a>から選ばれなければならない。
t314      The <code>makeStr()</code> 関数は入力として標準の JavaScript 文字列を取り、バイt314      The <code>makeStr()</code> 関数は入力として標準の JavaScript 文字列を取り、バイ
>ト長の後に文字列そのものの文字文字が続く Carbon 形式の「Pascal」文字列を返すユーティリティルーチンです。これは文字列>ト長の後に文字列そのものの文字が続く Carbon 形式の「Pascal」文字列を返すユーティリティルーチンです。これは文字列が実
>が実際に256文字以下の場合にだけ正しく動作することを忘れないでください。 長い場合は見事に失敗します。>際に256文字以下の場合にだけ正しく動作することを忘れないでください。 長い場合は見事に失敗します。

前に戻る