リビジョンの比較

DeferredTask.jsm

Change Revisions

リビジョン 542481:

リビジョン 542481 (編集者: arai / 編集日時: )

リビジョン 600997:

リビジョン 600997 (編集者: arai / 編集日時: )

タイトル:
DeferredTask.jsm
DeferredTask.jsm
URL スラグ:
Mozilla/JavaScript_code_modules/DeferredTask.jsm
Mozilla/JavaScript_code_modules/DeferredTask.jsm
タグ:
"Modules", "JavaScript"
"Modules", "JavaScript"
内容:

リビジョン 542481
リビジョン 600997
nn116    </h3>
117    <p>
116    </h3>{{ obsolete_inline("28.0") }}118      {{ obsolete_inline("28.0") }}
119    </p>
nn134    </h3>
135    <p>
131    </h3>{{ obsolete_inline("28.0") }}136      {{ obsolete_inline("28.0") }}
137    </p>
nn146    </h3>
147    <p>
140    </h3>{{ obsolete_inline("28.0") }}148      {{ obsolete_inline("28.0") }}
149    </p>
nn158    </h3>
159    <p>
149    </h3>{{ obsolete_inline("28.0") }}160      {{ obsolete_inline("28.0") }}
161    </p>
nn170    </h3>
171    <p>
158    </h3>{{ gecko_minversion_inline("28.0") }}172      {{ gecko_minversion_inline("28.0") }}
173    </p>
nn188    </h3>
189    <p>
173    </h3>{{ gecko_minversion_inline("28.0") }}190      {{ gecko_minversion_inline("28.0") }}
191    </p>
nn203    </h3>
204    <p>
185    </h3>{{ gecko_minversion_inline("28.0") }}205      {{ gecko_minversion_inline("28.0") }}
186    <p>206    </p>
207    <p>
187      保留中のタスクを即座に実行し、最後まで実行される事を保証します。これ以降のタイマーの開始要求は阻止されます。208      保留中のタスクを即座に実行し、最後まで実行される事を保証します。これ以降のタイマーの arm は阻止されます。
n190      <li>もしタスクが実行中で、タイマーの開始要求されている場合、現在のタスクの実行が完了した直後、即座にもう一度タスn211      <li>もしタスクが実行中で、タイマーが arm されている場合、現在のタスクの実行が完了した直後、即座にもう一度タス
>クが実行され、この後に返り値の promise が解決します。>クが実行され、この後に返り値の promise が解決します。
n192      <li>もしタスクが実行中で、タイマーの開始要求されていない場合、返り値の promise は現在の実行が完了した時n213      <li>もしタスクが実行中で、タイマーが arm されていない場合、返り値の promise は現在の実行が完了した時
>に解決されます。>に解決されます。
n194      <li>もしタスクが実行中ではなく、タイマーの開始要求されている場合、タスクが即座に開始され、返り値の promisn215      <li>もしタスクが実行中ではなく、タイマーが arm されている場合、タスクが即座に開始され、返り値の promis
>e はこの新しい実行が完了した時に解決されます。>e はこの新しい実行が完了した時に解決されます。
n196      <li>もしタスクが実行中ではなく、タイマーの開始も要求されていない場合、このメソッドは解決済みの promise をn217      <li>もしタスクが実行中ではなく、タイマーが arm されていない場合、このメソッドは解決済みの promise を
>返します。>返します。
n226      "arm" メソッドは、タスクを実行する内部タイマーを開始するのに使用します。複数回の "arm" の呼び出しは追加のn247      "arm" メソッドは、タスクを実行する内部タイマーを開始するのに使用します。複数回のタイマーの arm は追加の遅延
>遅延を引き起こしません。>を引き起こしません。
n239      タイマーは遅延をリセットするため、もしくは単純に実行をキャンセルするために解除できます。n260      タイマーは遅延をリセットするため、もしくは単純に実行をキャンセルするために arm を解除できます。
t248      指定時間が経過し内部タイマーが発動するとタスクの実行が開始され、このタスクはこれ以降キャンセルできなくなります。しかしt269      指定時間が経過し内部タイマーが発動するとタスクの実行が開始され、このタスクはこれ以降キャンセルできなくなります。しかし
>、タスクの実行中にタイマーの開始を再び要求する事は可能であり、この場合タイマーが実際に開始するには前のタスクが完了する必要がありま>、タスクの実行中にタイマーを再び arm する事は可能であり、この場合タイマーが実際に開始するには前のタスクが完了する必要がありま
>す。このため、タスクの実行と実行の間の休止時間は指定された遅延以上である事が保証されます。>す。このため、タスクの実行と実行の間の休止時間は指定された遅延以上である事が保証されます。
249    </p>
250    <p>270    </p>
251      "finalize" メソッドはタスクが確実に終了する事を保証するために使用できます。このメソッドが返した promi
>se はタスクの最後の実行が完了した時に解決されます。タスクの実行が最後である事を保証するために、このメソッドは以降の "arm" 
> メソッドの呼び出しによるタイマーの開始要求を拒否します。 
252    </p>271    <p>
272      "finalize" メソッドはタスクが確実に終了する事を保証するために使用できます。このメソッドが返した promi
 >se はタスクの最後の実行が完了した時に解決されます。タスクの実行が最後である事を保証するために、このメソッドは以降再びタイマーを
 > arm する事を拒否します。
253    <p>273    </p>
274    <p>
254      "finalize" メソッドが呼び出された時点でタイマーが既に開始されていた場合、タスクは即座に実行されます。この時275      "finalize" メソッドが呼び出された時点でタイマーが既に arm されていた場合、タスクは即座に実行されます。
>点でタスクが既に実行されていた場合、現在の実行が終了し次第、即座に最後の実行が始めから終わりまで再び行なわれます。もしタイマーの開>この時点でタスクが既に実行されていた場合、現在の実行が終了し次第、即座に最後の実行が始めから終わりまで再び行なわれます。もしタイマ
>要求されていなかった場合、"finalize" メソッドは実行中のタスクが完了する事を保証します。>ーが arm されていなかった場合、"finalize" メソッドは実行中のタスクが完了する事を保証します。
255    </p>
256    <p>276    </p>
277    <p>
257      例えばシャットダウン中に、もしタイマーの開始要求されていた場合、最新バージョンのデータを用いた保留中の書き込みが処理278      例えばシャットダウン中に、もしタイマーが arm されていた場合、最新バージョンのデータを用いた保留中の書き込みが処理
>される事を保証したいでしょう。>される事を保証したいでしょう。

前に戻る