この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

最初にページのURIスキームに基づいて、ブラウザは Chrome プロセスまたはコンテンツプロセスでページを読み込むかどうかを決定できます。一部のスキームでは、デフォルトの動作を変更できます。

スキーム 振る舞い
about:

By default, about: pages are always loaded in the chrome process. However, when you register a new about: page, you can change this default.

Two new flags are defined in nsIAboutModule:

  • URI_CAN_LOAD_IN_CHILD: the page will be loaded in the same process as the browser that has loaded it.
  • URI_MUST_LOAD_IN_CHILD: the page will always be loaded in a child process.

To use one of these flags, return it from your implementation of getURIFlags in the code that registers the about: URI.

If you use these flags, you must register the about page in the framescript for each tab. If you do not set multiprocessCompatible to true in your install.rdf then shims will be used. But the e10s shims will be deprecated soon. Read more here - Bug 1257201.

chrome:

By default, chrome: pages are always loaded in the chrome process. However, when you register a new chrome: page, you can change this default.

Two new flags are defined in the chrome.manifest file:

  • remoteenabled: the page will be loaded in the same process as the browser that has loaded it.
  • remoterequired: the page will always be loaded in a child process.
file:

常にコンテンツプロセスに読み込まれます。

注: これは file: という意味ではなく、コンテンツプロセスのコードでURIを自由に使用することができます。 サンドボックス化は特定のディレクトリをブラックリストに載せ、今後の変更により file: URIを通常のWebコンテンツとは別の独立したコンテンツプロセスに制限する可能性があります。bug 1187099 で、これがプロファイルディレクトリからファイルをロードしようとしているアドオンにどのように影響するかを見てください。

resource: 常にコンテンツプロセスに読み込まれます。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,