アドオンをサイドローディングする

ウェブからのダウンロード以外のなんらかの方法で、ユーザーにアドオン XPI ファイルを送信したいことがあるでしょう、例えばユーザー検証でのベータ版をメールで送付するといった場合です。こうした時、アドオンをインストールするのに 2 つの実践的な選択肢があります:

  • アドオンマネージャーでファイルからアドオンをインストールを利用する。
  • ファイルを標準の拡張機能フォルダの 1 つに追加する。

これらの方法を使ってインストールしたアドオンには自動更新は実行されません。それぞれの更新で新しい XPI ファイルをユーザーに渡さなければなりません。けれども、自動互換性チェックはこれまで通り実行されます。

アドオンを準備する

サイドローディングという方法を使用するしないに関わらず、以下のようにアドオンを準備しなければなりません:

  1. 以下の内容を manifest.json ファイルに追加し、アドオン用の ID でyour-add-on-name@your-domain.comを置き換えて、アドオンが ID を含むことを保証してください:
    "applications": {
      "gecko": {
        "id": "your-add-on-name@your-domain.com"
      }
    }
    
    メールアドレス形式の ID が推奨されます。
  2. addons.mozilla.org (AMO) でアドオンに署名します。 どのようにアドオンを利用させるかによって、リストに載せない (アドオンを独占的に提供する場合)、またはリストに載せるのいずれかを選択できます。詳細は、アドオンを署名して配布する をご覧ください。

ファイルからアドオンをインストールを利用する

アドオンマネージャーでファイルからアドオンをインストールを利用するには、以下の手順を添えて、ユーザーに署名されたアドオンを送信してください:

  1. アドオンファイルをコンピューターの適切な場所に保存します。
  2. Firefox で、Firefox メニュー Firefox browser menu button を開き、アドオンをクリックします。
  3. 設定の歯車から、ファイルからアドオンをインストールを開きます:
    Add-on Manager utilities cog
  4. 保存された場所からファイルを参照し、開きます。
  5. 確認ダイアログが出たら追加をクリック:
    Message asking user to confirm the installation of the add-on
  6. アドオンはアドオンマネージャーのインストール済みのアドオンのリストに表示され、使用する準備が整いました:
    After installation the add-on is listed in the add-on manager

標準の拡張機能フォルダーを使用してインストールする

アドオンをインストールするこの方法では、コンピューターでアドオンを標準の拡張機能フォルダーの 1 つにコピーする必要があります。一旦コピーすれば、Firefox が次回起動する時にアドオンがインストールされます。既定の設定では、ユーザーはインストールを承認するか聞かれ、ユーザーが承認すると、アドオンはインストールされ、続いての起動のために自動的にロードされます。ユーザーが Firefox プロファイルを複数持っていると、承認とインストールはそれぞれのプロファイルの次の起動時に行われます。ユーザーにインストールの承認を確認するかどうかの制御の詳細は、自動インストールを制御する をご覧ください。

XPI ファイルの名前を変更する

この方法を使う際には XPI ファイルは アドオンを準備する で設定した、アドオンもしくはアプリケーションの ID を使って命名される必要があります。AMO からダウンロードした署名されたアドオンファイルは borderify-1.0-an+fx.xpi (詳細は Signing and distributing your add-on をご覧ください) のように命名されています、これを、例えば、borderify@example.com.xpi に変更します。

もし Firefox 用のアドオンを開発しているならば、ファイルを標準の拡張機能フォルダにコピーせずにアドオンをインストールする 拡張機能プロキシファイル を利用できます。

アドオン XPI ファイルを標準の拡張機能フォルダに追加する

この後出てくる {ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384} は Firefox のアプリケーション ID です。

Firefox の標準インストールではこれらの場所からのアドオンの自動インストールは無効です (自動インストールを制御する をご覧ください)。 そのため、下に記述されている方法それぞれの工程は続く内容のようになります:

  • 名前が変更された XPI ファイルを WindowsOSX 、あるいは Linux のそれぞれに合う拡張機能フォルダにコピーします。デスクトップ OS とその設定によっては、ユーザーはこの操作を完了するために管理者権限が必要となることに注意してください。
  • Firefox を閉じて、再起動します。
  • OS や Firefox のバージョンによっては以下のいずれかが発生することがあります:
    • インストールは静かに行われます、その後ユーザーはアドオンマネージャーを開いてアドオンを有効にする必要があります:
      An add-on is installed but disabled
      アドオンを有効とするには、ユーザーは有効化をクリックする必要があります。
    • 途中でメッセージが表示されることがあります:
      An interstitial warning about the installation of the add-on
      アドオンをインストールするのに、ユーザーはインストールを許可するをチェックし、続行をクリックする必要があります。
  • アドオンはインストールされました。

途中でのメッセージ表示、静かに進むインストールの詳細は、自動インストールを制御する をご覧ください。

アドオンをアンインストールするには、Firefox を閉じて、アドオンを追加された場所から取り除いてください。

Windows

コンビューター上の1人のユーザーのためにアドオンをインストールするには、こちらに XPI ファイルをコピーしてください:

C:\Users\<user name>\AppData\Roaming\Mozilla\Extensions\{ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}\

このフォルダーが存在しない場合、作成してください。またカレントユーザーのパスは %appdata% システム環境変数を使って確認することができます。

注記: Windows コンピューターのすべてのユーザーにアドオンをインストールするには、Windows レジストリーを使用してインストールする をご覧ください。

OSX

すべての Firefox のプロファイルとすべてのユーザーから使用されるアドオンをインストールするには、XPI ファイルを /Library 内の全体の拡張機能フォルダーにコピーしてください。もしこのフォルダーが存在しない場合、作成する必要があります。

/Library/Application Support/Mozilla/Extensions/{ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}/

特定のユーザーのためにアドオンをインストールするには、XPI ファイルをユーザーの Library にコピーしてください:

~/Library/Application Support/Mozilla/Extensions/{ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}/

Linux

すべてのユーザーから使用されるアドオンをインストールするには、XPI ファイルをこちらにコピーしてください:

/usr/lib/mozilla/extensions/{ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}/

あるいは...

/usr/lib64/mozilla/extensions/{ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}/

あるいは...

/usr/share/mozilla/extensions/{ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}/

特定のユーザーのためにアドオンをインストールするには、XPI ファイルをこちらにコピーしてください:

~/.mozilla/extensions/{ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}/

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: hamasaki, kenji-yamasaki
最終更新者: hamasaki,