We're looking for a user researcher to understand the needs of developers and designers. Is this you or someone you know? Check out the post: https://mzl.la/2IGzdXS

リビジョンダッシュボード

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

リビジョンダッシュボード は MDN Web Docs Wiki の機能で MDNでの最近の更新と追加を見たり、何が変更されたのか詳細を確認したり、それらの更新に対して様々な方法で行動することができます。 この記事では、リビジョンダッシュボードの使い方を説明します。

外観

リビジョンダッシュボードのインタフェースは多くの要素を持ち、便利な機能が満載です。まずはインタフェースの主要な部分の概観から始めましょう。

Annotated screenshot of main revision dashboard view

ここで注意すべき最も大事なことは履歴のリストで、ここでフィルターにマッチする履歴や、履歴の差分 (クリックした履歴で変更された内容が見れます) を一通り見ることができます。

リビジョン一覧

リビジョンダッシュボードウィンドウの中ほどにあるリビジョン一覧は、最近なされた変更を提供します。この一覧は、最近変更された記事が最初に来るように順序付けられていて、先に進むともっと古い履歴になります。

リビジョン一覧のすぐ下にあるのは、検索クエリーにマッチしたページがどれくらいあり、そのうちのどこを見ているのかを示すインジゲーターです。何もフィルターをかけていない場合、 MDN wikiになされたすべての履歴のページ数が見えます。

一覧の各行は wiki への1つの変更に対応しています。"変更" とは次のいずれかからなっています:

  • 新しいページが作成されました。これはリビジョンタイムスタンプの下に "new" のタグで示されます。
  • ページが移動されました。これはコメント欄の影のある四角に "<old path> ➞ <new path>" のように示されます。
  • ページのテキストが変更されました。
  • ページのタグが変更されました。
  • A page was deleted. 未実装

各行は4つの列からなります: リビジョン、タイトル、コメント、著者です。

リビジョン列

リビジョン列はなされた変更の情報が与えられます。この列ではいくつかの情報が提供されます:

タイムスタンプ
リビジョンが保存された正確な日付と時間。これはリビジョン詳細ページへのリンクで、そこではリビジョンのメタデータとコンテンツが表示されます。
ロケール
記事のロケールが列のタグとして示されます。これは言語の省略コードで表示され、例えば英語では "en-US" です。
ファイル変更インジゲーター
これまで存在しない新しい記事には new のタグが表示されます。ページが削除されたことを示す場合は、deleted タグが出てきます。ページが1回の改訂だけで削除された場合、newdeleted タグの両方が表示されることもありえます。

タイトル列

記事のタイトル
記事のタイトルは、ページにセットされているため、 列に表示されます。タイトルは、直接移動して素早く簡単に見れるような、wiki 記事へのリンクでもあります。
記事のパス
記事のタイトルの下に、記事のパスが表示されます。これは記事の URL の一部分で、 http://developer.mozilla.org/<locale>/docs/ の後に来るものです。

コメント列

リビジョンコメント
変更の著者がリビジョンコメントを変更の保存時に追加していた場合、そこにあります。これは小さめのイタリックなテキストで表示されます。
移動の情報
リビジョンがページの移動を表す場合、wiki 上の移動元と行き先のパスが表示されます。

著者列

著者の列はそのリビジョンを保存した人のユーザー名が表示されます。それをクリックしてユーザーのプロフィールページをすぐに見ることができます。

管理者のみ: 管理者権限を持つ MDN ユーザーは著者列の見出しに Toggle IPs ボタンもあります。これをクリックするとそれぞれの著者の IP アドレスが表示され、不正なユーザーを IP アドレスによって禁止することができます。ユーザーが禁止されたら、ユーザー名の下に印が出ますが、これは管理者のみに見えます。

フィルター

MDN provides several helpful filtering options that you can use to reduce the amount of "stuff" you see in the revision list based on your needs. Once you've configured your filter, click the Filter button to apply it; after a few moments, the display will update with your filtered results. There are several filters available:

Locale
You may filter so that you only see changes in a specific locale. By default, you see changes across all locales, but this may not be useful to you. Indeed, if you're a member of a localization team, for example, the only locales you're likely to care about are your own and English. You can specify the locale to filter by in the URL when going to the revision dashboard by adding "locale=<localename>" to the query string. For example: https://developer.mozilla.org/ja/dashboards/revisions?locale=en-US filters to show only changes to English documents.
User
Interested in what a specific user has been up to? You can look at the revisions submitted by a single user by entering it in this field. You can specify a user in the URL when going to the revision dashboard by adding "user=<username>" to the query string. For example, you can see changes by the user Sheppy with https://developer.mozilla.org/ja/dashboards/revisions?user=Sheppy. This box will offer suggestions as you type, to help you find exactly the person you're looking for.
Topic
If you'd like to see changes only about a given topic area, you can specify a topic string. This will be matched against the URLs of articles that have been changed and show only those whose titles include this string. You can specify the parameter "topic=<topic>" in the URL's query string to filter on this, as well. For example, if you'd like to see only JavaScript-related changes: https://developer.mozilla.org/ja/dashboards/revisions?topic=JavaScript.
Start Date and End Date
You can specify that you want to see only revisions in a certain range of dates, or with a certain starting or ending date. The dashboard UI provides date selection widgets for these fields. You can specify these parameters in the URL's query string, but you must use your system locale's version of the date string. For example: https://developer.mozilla.org/ja/dashboards/revisions?start_date=09%2F01%2F2015 for revisions starting with September 2, 2015 in the en-US locale.
Preceding Period
Rather than typing or selecting start or end dates, you can specify that you want to see revisions from a selected period prior to the present time, such as the last hour, day, week, or 30 days.

It's also worth noting that you can use these filters together, either in the user interface or in the URL's query string, so you can do fairly intricate searches. For example, to find only changes made to English articles about JavaScript that were made by the user evilpie, you can use https://developer.mozilla.org/ja/dashboards/revisions?locale=en-US&user=evilpie&topic=JavaScript.

 

更新の差分

You can view a "diff" view that shows the difference between a given revision and the previous version of the page. To see the diff for a revision, click anywhere in the row that is not a link (that is, the timestamp, the article title, or the author's username). The row expands to show the revision diff and revision controls within the row.

Annotated screenshot of revision dashboard view

The revision controls allow the following operations on the article:

  • Revert: reverts the article to the revision preceding the one displayed.
  • View page: displays the current state of the page.
  • Edit page: opens the page in edit mode.
  • History: opens the History view of the page.

 

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3, hamasaki
最終更新者: Uemmra3,