この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

ページに出てくる KumaScript エラーは読み手にとって不快なもので、大きく赤い恐ろしげなボックスですが、幸運なことに MDN アカウントを持つユーザーは誰でも、ドキュメントを直してこうしたエラーを修正できます。ページがエラーを起こしたとき、documents with errorsリストに追加されます。サイト編集者は通常このリストを検査して、エラーを発見、修正します。この記事では4種類の KumaScript エラーと、修正するための対策について詳しく見ます。

DocumentParsingError

DocumentParsingError のエラーは KumaScript がドキュメント自体を理解できないときに表示されます。最もよくある原因は macro 内の文法エラーです。

以下をチェックします:

マクロ呼出しのつもりではない場合に中括弧を使った。
If you need to write  { in a document without calling a macro you can escape it with a \ like this: \{
マクロパラメーターに特殊な文字を使った。
If you need to use a " or a \  inside of a macro parameter they can be escaped with a \ like this: \\ or \"
マクロパラメーター間にカンマがない。
Macro parameters need to be delimited by a comma (,) but not at the end of the list of parameters; for example {{anch("top", "Back to top")}}.
マクロ呼び出し内に HTML タグがある
If you apply styling to a macro, it will often break because, for example, a </code> tag may have appeared inside the macro code in the source code. Check the source view to see what's there, and remove any unnecessary styling.

TemplateLoadingError

TemplateLoadingError のエラーは KumaScript がページにどの macro を取り込むか探せないときに表示されます。

以下をチェックします:

マクロ名を誤ったり、マクロがリネームされた。
You can look at the list of known macros in the Github repo.

Tip: You can make it quick and easy to jump to a specific macro by adding a search keyword to Firefox. See Using search keywords to open template pages in KumaScript for a step-by-step guide to creating the search keyword for this.

TemplateExecutionError

TemplateExecutionError のエラーは KumaScript が macro 内のエラーに遭遇したときに表示されます。このエラーは管理者のみが修正できて、バグとして報告が必要となります。

エラーを報告する前に、これが修正済みでないことを確認します。KumaScript を強制的にページのフレッシュコピーを読み込ませることでできます。これには Shift  を押しっぱなしでページ再読み込みします (Windows/Linux では Shift + Ctrl + R 、Mac では Shift + Cmd + R )。

エラーが続く場合、ページの URL とエラーのテキストをつけてbug 報告します

Error & Unknown

これは、エラーがこれ以外の種類にない場合のカテゴリーです。

修正をチェックして、TemplateExecutionError に記述されるようなしつこいバグとして報告します。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Uemmra3
 最終更新者: Uemmra3,