文書関連のバグ

文書関連のバグの種類

文書に必要な変更、または必要な新しい文書について MDN コンテンツチームに知らせる方法はいくつかあります。この記事では Bugzilla と GitHub で文書の問題がどのように扱われるのか、そして既存のリクエストを処理するのに協力する方法を説明します。 

dev-doc-needed キーワード
Mozilla 製品についてのバグが結果として新しい機能の追加に結びついたり既存の機能を変更するものであった場合で、かつ MDN にある文書にも影響する場合、開発チームはキーワード "dev-doc-needed" をバグに追加します。すると MDN チームに合図が送られます。(MDN チームのメンバーは、"dev-doc-needed" を "DDN"と略して呼ぶことがあります。)
文書リクエスト
誰かが MDN の文書が不正確または不完全であることに気が付いたら、 GitHub の issue を登録して修正をリクエストすることができます。2019年1月以前は、 MDN 文書のリクエストは Bugzilla に記録されており、そちらにまだ大量の未処理案件があります。

協力する方法

DDN のバグや文書リクエストの問題に対処することに興味があるのであれば、協力したい問題を探すことから始めてください。

文書リクエストを選択したら、以下の一般的な戦略を使用してください。

  1. バグが割り当てられている担当者に連絡してください。その人は MDN の適切な変更を行うために必要なことや、何をもってその問題が「完了した」とみなされるのかを助言してくれます。問題に誰も割り当てられていない場合は、 MDN discussion forum に投稿して何をするべきかアドバイスを求めることができます。
  2. 現在の所有者が同意する場合は、自分自身にバグを割り当ててください (バグの作業を完了できないことが分かっている場合は、説明コメントを追加し、自分自身の割り当てを解除してください)
  3. 完了したら、成果のレビューを依頼してください。(元の所有者に頼むのがいいでしょう)。査読者があなたが行ったことを承認したら、バグを閉じます。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, silverskyvicto, wbamberg, hamasaki
最終更新者: mfuji09,