MDN エディターの添付ファイル

MDN エディターの添付ファイルの節では、現在の文書でどのファイルが使用されているのかを確認できるとともに、MDN コンテンツで使用するファイルを MDN にアップロードすることができます。

この節は、ページにファイルを添付するのに必要な権限を持っている場合にのみ表示されます。既定ではユーザーはこの権限を持っていませんので、ファイルを添付する必要がある場合は、 MDN 管理者にメールで権限を申請してください。

添付ファイルの節が表示されるのは、既存の文書を編集する場合だけです。新しい記事を編集するためのエディターには表示されません。

添付ファイルのワークフロー

添付ファイルアップロード機能の動作は、それぞれのアップロード後に再表示されるページの中に結果が表示されます。この時点でページに行った保存前の編集があった場合は、失われる可能性があります。したがって、添付ファイルをアップロードする前にまず編集結果を保存するのがいいでしょう。

良いワークフローは以下の通りです。

  1. 編集を行い、画像を挿入したい場所にプレイスホルダーのテキストを作成する。
  2. 編集を保存する。
  3. 画像を添付する。
  4. プレイスホルダーの場所に画像を挿入する。
  5. 作業を再び保存して確認する。

添付ファイルをアップロードする際に未公開の編集がある場合は、下書きとして保存され、編集ボックスの上部にある下書きを復元リンクをクリックすることで復元することができます。また、添付ファイルをアップロードする前に公開して編集を継続をクリックしても構いません。しかし、時間が長すぎたり復元を忘れたりすると失われる可能性があるので、上記のワークフローをお勧めします。

添付ファイルのユーザーインターフェイス

ページに添付ファイルを追加するには、ファイルをアップロードボタンをクリックしてください。添付ファイルの節はこのように表示されます。

エディターの添付ファイルの節のスクリーンショット、ファイルのアップロードのためのコントロール付き

ご覧のとおり表があり、アップロードするファイルを選択し、タイトルと、任意で概要および追加のコメントを設定することができます。タイトルは必須で、ファイルを説明して文脈との関連付けが理解できるようにしてください。欄を埋めたらファイルを選択し、アップロードボタンを押して MDN に送信してください。

添付ファイルの最も一般的な利用法は、ページへの画像の追加です。画像をアップロードする際は、画像最適化ツールを使用してファイルのダウンロードができるだけ小さくなるようにしてください。これはページの読み込み時間を改善し、全体的な MDN の性能を助けます。お持ちであればお好みのツールを使用してください。そうでなければ、手軽なウェブツールとして TinyPNG を提案します。

MDN の添付ファイルとして許可されているのは、 GIF, JPEG, PN , HTML などのわずかなファイルタイプのみです。 Photoshop 画像は許可されていますが、非常に特殊な場合を除いて避けてください。他のファイルタイプはアップロードフォームで許可されていません。 SVG ファイルのアップロードには特殊な権限が必要ですので、 SVG ファイルをアップロードする必要があるのであれば、 MDN 執筆チームに相談してください。

気軽にこのページをエディターで開き、最下部の添付ファイル一覧を見てみてください。

ファイルが添付されると、記事に画像を追加する際に画像のプロパティダイアログボックスに (フォームで指定したタイトルで) 現れます。このインターフェイスの詳細は、画像を参照してください。

アクセス制限

MDN ウェブ文書に属さない画像のアップロードは、破壊行為やスパムにつながる可能性があることは明らかですので、このツールはすべてのユーザーが利用できる訳ではありません。

この権限を持つロール

この権限を得るための条件

以下の条件を満たせば、このツールへのアクセス権を得ることができます。

  • 日常的にアップロードを行う必要がある (例えば、いくつもの画像の添付ファイルを必要とする一連のページで活発に作業している場合)。たまにしか画像を添付する必要がないのであれば、管理者に依頼してください。
  • 日常的に MDN を編集しており、建設的な協力の記録がある場合。

この権限を取得する手続については、権限の昇格の申請を参照してください。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, wbamberg, Uemmra3
最終更新者: mfuji09,