mozilla
Your Search Results

    Mozilla 製品の集中管理 - 基本編

    Firefox や Thunderbird などの Mozilla アプリケーションには、設定項目を集中管理する機能が備わっています。この機能は Netscape Communicator から引き継がれたものです。今のところ、Netscape Mission Control Desktop (MCD) のような管理者向けツールはありませんが、Mozilla アプリケーションの設定項目に詳しい方であれば、いくつかのテキストファイルを用意するだけで、簡単にこの機能を利用できます。

    準備

    以下は Firefox の例で説明しますが、Thunderbird でも同様です。

    クライアントサイド

    autoconfig.cfgautoconfig.js という 2 つのプレーンテキストファイルをアプリケーションディレクトリ以下に追加します。ここでは Windows での標準的なパスを想定しますが、必要に応じて読み替えてください。

    C:\Program Files\Mozilla Firefox\autoconfig.cfg

    中身は空白にします。

    C:\Program Files\Mozilla Firefox\defaults\pref\autoconfig.js

    以下の 3 つの設定項目を記述します。

    // サーバ上に置く jsc ファイルの URL (適宜変更してください)
    pref("autoadmin.global_config_url", "http://myserver/mozilla/firefox/autoconfig.jsc");
    
    // ローカルに置く cfg ファイルのファイル名
    pref("general.config.filename", "autoconfig.cfg");
    
    // 上記ファイル名の拡張子を除いた名前
    pref("general.config.vendor", "autoconfig");
    

    サーバサイド

    サーバ上に以下の 2 つのファイルを置きます。

    http://myserver/mozilla/firefox/.htaccess

    これは jsc ファイルの適切な MIME タイプを設定するものです。不明な場合はサーバ管理者に問い合わせてください。

    AddType application/x-javascript-config jsc
    

    http://myserver/mozilla/firefox/autoconfig.jsc

    これが、実際に設定を記述するファイルです。ファイルの拡張子は js ではなく jsc とします。

    // クライアントの js ファイルと同じ内容をここにも記述します。
    // ただし、lockPref によって設定項目をロックしていることに注意してください。
    lockPref("autoadmin.global_config_url", "http://myserver/mozilla/firefox/autoconfig.jsc");
    lockPref("general.config.filename", "autoconfig.cfg");
    lockPref("general.config.vendor", "autoconfig");
    
    // 以下、任意の設定項目を追加していきます。
    // 例えば以下の行ではアドオンのインストールを無効化しています。
    lockPref("xpinstall.enabled", false);
        :
        :
        :
    

    使い方

    準備が終わったら、クライアント側でアプリケーションを起動すれば、サーバから自動的に設定項目が読み込まれ、適用されます。

    関連記事

    jsc ファイルでは、特定の設定項目をロックするだけでなく、環境変数の取得と条件分岐、規定値の設定、LDAP サポート (Thunderbird のみ) など、他にもいくつかの機能を利用できます。詳細は以下の記事を参照してください。

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Kohei, dynamis
    最終更新者: dynamis,