MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

初回起動

Jetpack ではユーザがあなたのjetpackをインストールする際に表示される任意の内容を指定することが出来ます。インストール完了後に呼び出されるコールバックを登録することも可能です。

初回起動ページ

ユーザがあなたのjetpackをインストールすると、インストールが成功したことを知らせる新しいページに誘導されます。標準では、このページにはユーザが既にjetpackを利用できるようになった事と、アンインストールの方法を説明する簡単な文章が含まれます。あなたはこの文章をあなたのjetpackに適した内容のページで置き換える事が出来ます。例えば、ユーザにあなたのjetpackの使い方を説明したり、あなたのjetpackのホームページへのリンクを掲載することができます。このページはHTMLあるいは外部URLとして定義することが出来ます。

初回起動ページはあなたの jetpackマニュフェストの firstRunPageプロパティで定義されます。マニュフェストは manifest という変数名が設定された単なるオブジェクトです。この変数はjetpack内のグローバル名前空間であればどこでも定義することが出来ます。マニュフェストはjetpackに settings を定義する際に使用するのと同じものです。

firstRunPage の値は string もしくは E4X XML のいずれかで無ければいけません。もし、値が string かつ有効なURLであれば、そのURLが示すページが初回起動ページとなります。それ以外の場合、値はHTMLと見なされ、初回起動ページの bodyとなります。

この例は初回起動ページをHTMLで設定しています:

var manifest = {
  firstRunPage: '<p>Thanks for installing!  Visit my <a href="http://example.com/myJetpack">homepage</a>.</p>'
};

これは上の例と同じ内容ですが、E4X XML を使用しています:

var manifest = {
  firstRunPage: <>
    <p>
      Thanks for installing!  Visit my <a href="http://example.com/myJetpack">homepage</a>.
    </p>
  </>
}; 

この例では http://example.com/myJetpack にあるページが初回起動ページとなります:

var manifest = {
  firstRunPage: "http://example.com/myJetpack"
}; 

初回起動コールバック

あなたのjetpackが正常にインストールされた後に呼び出されるコールバックを登録することが可能です。jetpack.me.onFirstRun() を参照。

See also

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: teoli, yiwasaki
 最終更新者: teoli,