encodeURI リダイレクト 4

概要

特定の文字の実体を UTF-8 文字エンコーディングで表された 1 つ、2 つ、あるいは、3 つのエスケープシーケンスに置き換えることで、統一資源識別子 (Uniform Resource Identifier (URI)) をエンコードします。

コア・グローバルメソッド
実装されたバージョン JavaScript ?
ECMAScript エディション ECMAScript ?

構文

 encodeURI(URI) 

引数

URI
完全な URI

説明

URI は完全な URI であることが想定されます。ですから、URI において特別な意味を持つ予約された文字 (reserved characters)はエンコードされません。

encodeURI は、以下を除く全ての文字を 適切な UTF-8 エスケープシーケンスで置き換えます。:

種類 含む文字
予約された文字 ; , / ? : @ & = + $
エスケープされない文字 アルファベット、数字、- _ . ! ~ * ' ( )
スコア #

encodeURI は、それ自身では、XMLHTTPRequests などのための、適切な HTTP GET 及び POST リクエストを作成できないことに注意してください。なぜなら encodeURI では、GET 及び POST リクエストにおいて特別な文字として扱われる、"&"、 "+"、 "=" がエンコードされないからです。ですが、encodeURIComponent は、これらの文字をエンコードします。これらの挙動は、ブラウザ間でほとんど一貫していません。

Also note that if one wishes to follow the more recent RFC3986 for URL's, making square brackets reserved (for IPv6) and thus not encoded when forming something which could be part of a URL (such as a host), the following may help. See http://labs.apache.org/webarch/uri/rfc/rfc3986.html

function fixedEncodeURI (str) {
  return encodeURI(str).replace(/[/g, '%5B').replace(/]/g, '%5D');
}

関連情報

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: ethertank
最終更新者: ethertank,