JS GetRuntimePrivate

このテンプレートは廃止されています。使用しないで下さい。

JSRuntimeオブジェクトと関連付けられたアプリケーション固有のフィールドにアクセスします。 Access a <code>JSRuntime</code> field for application-specific data.

構文

void * JS_GetRuntimePrivate(JSRuntime *rt);

void JS_SetRuntimePrivate(JSRuntime *rt, void *data);
Name Type Description
rt JSRuntime * JavaScriptランタイム環境Any JS runtime.
data void * (JS_SetRuntimePrivateのみ) ランタイムrtと関連付けるアプリケーション固有のデータへのポインタ ''(in <code>JS_SetRuntimePrivate</code>)'' Pointer to application-defined data to be associated with the runtime <code>rt</code>.

説明

JSRuntime内には、アプリケーション内で用いる任意のデータを指し示すvoid *型のフィールドが存在します。このフィールドは、コールバック関数が容易にアクセスできる領域であるため、その中でのデータ格納に有用に使えます。JS_GetRuntimePrivateでフィールドの値を取得し、JS_SetRuntimePrivateで値を設定します。フィールドの初期値はNULLに設定されています。 Each <code>JSRuntime</code> has a field of type <code>void *</code> which the application may use for any purpose. It is especially useful for storing data which callbacks may then easily access. <code>JS_GetRuntimePrivate</code> gets the value of this field and <code>JS_SetRuntimePrivate</code> sets it. The field is initially <code>NULL</code>.

このプライベートなデータのメモリ管理はアプリケーション側の責任になります。JavaScriptエンジン自体がこの領域を利用することはありません。 Memory management for this private data is the application's responsibility. The JavaScript engine itself never uses it.

関連項目

MXR ID で JS_GetRuntimePrivate

JS_GetContextPrivate, JS_SetContextPrivate, JS_GetPrivate, JS_SetPrivate, JS_GetInstancePrivate

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Norihiro
 最終更新者: Norihiro,