How to Create Windows Inno Setup Installer for XULRunner Application

XULRunner アプリケーションでは現在インストーラを作る仕組みがまだありません。しかし、Inno Setupを利用すれば簡単にWindows 用インストーラを作成する事ができます。 このドキュメントでは Getting_started_with_XULRunner の My App をサンプルを使ってWindowsインストーラを作成する手順を紹介します。

Step1. Install Inno Setup

Inno Setup Downloads からInno Setup をダウンロードします。単純にインストーラのコンパイラを実行するだけであれば Stable Release でも良いのですが、 Script を編集するのであれば IStools(Script Editor) が含まれる QuickStart Pack がお勧めです。ただし、 IStools は Inno Setup Third-Party Files から入手が可能です。

Step2. Create Application

XULRunner アプリケーションが単体で動作するようにXULRunner:Deploying_XULRunner_1.8 の手順に沿って配置します。My App では以下のようになります。

  • <tt><var>myapp</var>/</tt>
    • <tt>application.ini</tt>
    • <tt>chrome/</tt>
    • <tt>default/</tt>
    • <tt><var>myapp</var>.exe</tt> (<tt>xulrunner-stub.exe</tt> をコピーしてリネームしたものです)
    • <tt>xulrunner/</tt>

アプリケーションの配置が終わったらこの段階でアプリケーションの動作テストをしておきます。アプリケーションが動かなかったらインストーラもうまく動作しないでしょう ;-)

Step3. Create Inno Setup Script

Inno Setup のスクリプト(iss)を作成します。 Inno Setup Script Wizard のみでは chrome などのディレクトリの配置場所が設定できないため、必ず iss ファイルを編集してください。 AppName, AppPublisher などは application.ini の記述と同じにすると良いでしょう。

以下に My App でのサンプルを示します。

; Script generated by the Inno Setup Script Wizard.
; SEE THE DOCUMENTATION FOR DETAILS ON CREATING INNO SETUP SCRIPT FILES!

[Setup]
AppName=My App
AppVerName=My App 1.0
AppPublisher=Mark Finkle
AppPublisherURL=http://developer.mozilla.org/en/docs/Getting_started_with_XULRunner
AppSupportURL=http://developer.mozilla.org/en/docs/Getting_started_with_XULRunner
AppUpdatesURL=http://developer.mozilla.org/en/docs/Getting_started_with_XULRunner
DefaultDirName={pf}\My App
DefaultGroupName=My App
AllowNoIcons=yes
OutputDir=..\build\output
OutputBaseFilename=myapp-1.0-win32
; SetupIconFile=
Compression=lzma
SolidCompression=yes

[Languages]
Name: english; MessagesFile: compiler:Default.isl

[Components]
Name: main; Description: My App; Types: full compact custom; Flags: fixed
Name: runtime; Description: XUL Runner Runtime; Types: full custom

[Tasks]
Name: desktopicon; Description: {cm:CreateDesktopIcon}; GroupDescription: {cm:AdditionalIcons}; Flags: unchecked
Name: quicklaunchicon; Description: {cm:CreateQuickLaunchIcon}; GroupDescription: {cm:AdditionalIcons}; Flags: unchecked

[Files]
Source: C:\develop\XULRunnerInstaller\myapp\myapp.exe; DestDir: {app}; Components: main; Flags: ignoreversion
Source: C:\develop\XULRunnerInstaller\myapp\application.ini; DestDir: {app}; Components: main; Flags: ignoreversion
Source: C:\develop\XULRunnerInstaller\myapp\chrome\*; Excludes: .svn; DestDir: {app}\chrome; Components: main; Flags: ignoreversion recursesubdirs createallsubdirs
Source: C:\develop\XULRunnerInstaller\myapp\defaults\*; Excludes: .svn; DestDir: {app}\defaults; Components: main; Flags: ignoreversion recursesubdirs createallsubdirs
Source: C:\develop\XULRunnerInstaller\myapp\xulrunner\*; DestDir: {app}\xulrunner; Components: runtime; Flags: ignoreversion recursesubdirs createallsubdirs
; NOTE: Don't use "Flags: ignoreversion" on any shared system files

[Icons]
Name: {group}\My App; Filename: {app}\myapp.exe
Name: {group}\{cm:UninstallProgram,XUL Explorer}; Filename: {uninstallexe}
Name: {userdesktop}\My App; Filename: {app}\myapp.exe; Tasks: desktopicon
Name: {userappdata}\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\My App; Filename: {app}\myapp.exe; Tasks: quicklaunchicon

[Run]
Filename: {app}\myapp.exe; Description: {cm:LaunchProgram,My App}; OnlyBelowVersion: 0,6; Flags: nowait postinstall skipifsilent

また、今回のサンプルでは XULRunner が runtime として扱われていることに注意してください。

Step4. Building Installer

Inno Setup Compiler を起動して、Script ファイルを開いて Compile を実行します。Compile 後にはすぐにインストーラを実行してテストする事ができます。 インストーラ実行後にアプリケーションの動作テストをしてください。うまく起動したら成功です!

myapp.iss のサンプル をダウンロードしてください。

Original Document Information

  • Author: Taro Matsuzawa
  • Inno Setup Script Original Author: Mark Finkle
  • Japanese version is original.

Document Tags and Contributors

タグ:
Contributors to this page: Btm
最終更新者: Btm,