Generating GUIDs

GUID は、Mozilla プログラミングで、XPCOM インタフェース (このタイプの GUID は IID と呼ばれています) やコンポーネント (CID) 、拡張機能テーマを含むアドオンなどの実体のそれぞれの型を識別するために使われます。とはいえ、Firefox 1.5 からは、アドオンでは extensionname@organization.tld 形式の ID で識別することができます(また、そうするべきです)

警告: If you just want an ID for your add-on, generating a GUID is almost definitely not what you want to do. Using the extensionname@organization.tld form is approximately one thousand times easier for everyone involved. Don't have a domain name? Do you have a blog on a subdomain? Use that. If all else fails, using extensionname@yourusername.addons.mozilla.org should be fine; no one will care. Remember, these are identifiers, not e-mail addresses, and they're never resolved.

標準形式

GUID の共通のフォームは xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx です。各 x には 16 進数が入ります。ここには、標準形式の GUID の生成に利用できるツールが数多くあります。

Note: If you do choose to use an email-style ID for your add-on, you probably don't want it to be a real email address, since it might attract spam.

オンラインツール

Windows

Windows ユーザは GUID を得るために Microsoft のGuidGen ツールを使用することができます。 (このツールは MS Visual C++ の一部でもあります)

Linux

/usr/bin/uuidgen を使用します。これは、libuuid1 パッケージ (Debian) にあります。

Perl

jkeiser's Mozilla tools に C++ および IDL の両方のスタイルの出力ができる UUID generator が含まれています。

COM/XPCOM 形式

Mozilla C++ コード内で IID および CID を 定義する(#define) 場合は、一般的に次の書式を使用します。

// xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx
#define NS_...ID \
{ 0xXXXXXXXX, 0xXXXX, 0xXXXX, \
  { 0xXX, 0xXX, 0xXX, 0xXX, 0xXX, 0xXX, 0xXX, 0xXX } }

以下のツールを使用すると、この形式でコードを生成することができます。

オンラインツール

guidgen

guidgen.exe は UUID をこの形式で生成できます。これは Microsoft Visual Studio の一部です。

bash

以下をあなたの .bashrc ファイルに追加します:

uuidgen-c++()
{
    local UUID=$(uuidgen)
    echo "// $UUID"
    echo "#define NS__IID \\"
    echo "{ 0x${UUID:0:8}, 0x${UUID:9:4}, 0x${UUID:14:4}, \\"
    echo -n "  { 0x${UUID:19:2}, 0x${UUID:21:2}, 0x${UUID:24:2}, "
    echo -n "0x${UUID:26:2}, 0x${UUID:28:2}, 0x${UUID:30:2}, "
    echo "0x${UUID:32:2}, 0x${UUID:34:2} } }"
}

Perl

#!/usr/bin/perl
$uuid = `uuidgen`;
chomp $uuid;
print $uuid, "\n";
@parts = ($uuid =~ /^(.{8})-(.{4})-(.{4})-(..)(..)-(..)(..)(..)(..)(..)(..)$/);
print "{ 0x$parts[0], 0x$parts[1], 0x$parts[2], \\", "\n", " { ";
for (3 .. 9) {
  print "0x$parts[$_], ";
}
print "0x$parts[10] } }", "\n";

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: ethertank, Shoot, Marsf, OGINO Masanori, Jmkf, Mgjbot, Okome
最終更新者: ethertank,