mozilla
Your Search Results

    Gecko SDK

    概要

    Gecko SDK (XULRunner SDK としても知られています) とは、例えば JavaScript を用いて XUL からアクセスできる XPCOM コンポーネントを開発するための XPIDL ファイル、ヘッダ、ツールからなるセットです。

    このようなコンポーネントを開発するために例えば Firefox のソースをすべて揃える必要はありません。これはコンポーネント内部からフロントエンド部分にアクセスすることはないためです。さらに、コンポーネントは基本的な機能を備えているため、Mozilla プラットフォームのどの製品とでも動くようになっています。そのため、一般的な機能をビルドするがためにある特定の製品を使用することは全く意味がありません。これが Gecko SDK が出てきた理由です。

    Gecko/XULRunner SDK を XULRunner そのものと混同しないでください。Gecko SDK は、既存のプラットフォームに機能を追加する一般的な XPCOM コンポーネントを開発するためのヘッダファイルとツールからなるものです。それに対して XULRunner は Mozilla フレームワークに基づいたスタンドアロンアプリケーションや組み込みアプリケーションを実行するのに使用するフレームワークです。

    SDK の入手

    更新

    通常、Gecko SDK 内のヘッダや glue ライブラリはセキュリティアップデートがされても変更されないので、Mozilla (例えば Mozilla 1.7.3) のセキュリティアップデートに対応する Gecko SDK をダウンロードしたり、ビルドし直したりする必要はありません。しかし、最新の Gecko コンポーネント (gklayout.dll など) を取得し、配布しなければなりません

    ダウンロード

    Gecko SDK をダウンロードする際は、ターゲットにしたい Mozilla の最も古いバージョンに対応したバージョンを選ぶようにしてください。すなわち、Firefox 1.5 でコンポーネントを使用したい場合は 1.9 の Gecko SDK をダウンロードしないようにしてください。バイナリの互換性が将来のバージョンの Gecko ランタイムでしか保証されないので十分に注意してください。

    ダウンロード リンク

    <th>Gecko 1.7 (Firefox 1.0)

    Gecko 1.8 (Firefox 1.5 および 2.0) Gecko 1.9 (Firefox 3.0)
    Windows

    <td>ダウンロード

    ダウンロード ダウンロード
    Mac PPC

    <td>なし

    ダウンロード ダウンロード
    Mac i368

    <td>N/A

    N/A ダウンロード
    Linux i686

    <td>ダウンロード

    ダウンロード ダウンロード

    SDK は他のプラットフォーム向けには公式にはリリースされていません。そのため、必要ならばおそらく自分でビルドする必要があるでしょう。

    適当な場所に SDK の tar ボールを解凍します。

    OS X SDK の問題

    OS X 上で IDL ファイルをコンパイルするために xpidl ユーティリティを使用する必要がある場合、ツールを実行した時、次のような奇妙なエラーを受け取るでしょう:

    dyld: Library not loaded: /opt/local/lib/libintl.3.dylib
      Referenced from: /Users/varmaa/xulrunner-sdk/bin/./xpidl
      Reason: image not found
    Trace/BPT trap
    

    残念ながら、これは SDK のビルドプロセスが抱える、まだ解決できていない問題が原因です (Bugzilla の バグ 430274 をご覧ください)。これを回避するには、 Mac OS X Build Prerequisites に書かれている通り、先に MacPorts と libidl をインストールする必要があります。インストール後、次のコマンドを実行してください:

    ln -s /opt/local/lib/libintl.8.dylib /opt/local/lib/libintl.3.dylib

    これで問題が修正されます。

    SDK のビルド

    SDK をビルドするには XULRunner をビルドするのがよいでしょう (Gecko SDK は XULRunner のビルドプロセスの一部としてビルドされます)。ビルド方法の詳細は Build Documentation を参照してください。XULRunner のビルド完了後、オブジェクトディレクトリから make sdk を実行すると dist 内に SDK のパッケージが作成されます。

    SDK の内容

    SDK は以下のものから成り立っています。

    • 凍結されたインターフェースの IDL ファイル (idl/ 下)
    • 凍結されたインターフェース、XPCOM 関数、および NSPR 関数のヘッダファイル (include/ 下)
    • インポートライブラリまたは共有ライブラリ (lib/ 下)
    • スタティックユーティリティライブラリ (lib/ 下)
    • 各種ツール (bin/ 下)

    XPCOM の "glue" ライブラリを用いた XPCOM コンポーネントの安全なリンクについての詳細は XPCOM Glue をご覧ください。

    リソース

    • スタティックな xpidl.exe (非公式) スタティックリンクされた xpidl.exe が必要であればここからダウンロードできます。
    • Mac Intel Gecko 1.8 SDK 公式の Mac 1.8 SDK は PPC 版です。これは非公式の Intel ビルドです。

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Okome, Marsf, fscholz, Electrolysis
    最終更新者: fscholz,