Displaying Places information using views

  • リビジョンの URL スラッグ: Displaying_Places_information_using_views
  • リビジョンのタイトル: Displaying Places information using views
  • リビジョンの ID: 96080
  • 作成日:
  • 作成者: saneyuki
  • 現行リビジョン いいえ
  • コメント 3669 words removed

このリビジョンの内容

{{ 翻訳中() }} {{ Firefox3() }}

ビューは、Placesの構造を視覚的に操作するための要素のひとつです。ユーザーに向けてnsINavHistoryResultオブジェクトを表示するために使用します。  Placesのクエリでは、nsINavHistoryResult オブジェクトについての情報を保持し、使用しています。nsINavHistoryResultオブジェクトの使い方と保持の仕方については、Querying Placesを参照してください。このページでは、既にこれらについて知っているものとして話を進めます。

nsINavHistoryResult インスタンスはビューのデータを提供します。ビューは、このインスタンスの{{ Interface("nsINavHistoryContainerResultNode") }}を展開し、その時点で含んでいる{{ Interface("nsINavHistoryResultNode") }}オブジェクトを表示する機能を持ちます。

組み込みのビュー

もし、あなたの拡張機能やアプリケーションでブックマークまたは履歴の内容を表示する必要がある場合、あなたは組み込みのPlacesビューを使用することができます。それらを使用することで、基礎的な箇所を記述する作業時間を抑え、あなたの拡張機能もしくはアプリケーションの構築に注力することができるでしょう。

Placesでは以下の組み込みのビューが使用できます。

インスタンス化

3つの組み込みビューは、単純かつ標準的なXUL要素に特殊なtype属性の値として"places"を設定します。

いかなるXULドキュメントも、組み込みビューを含む場合、スタイルシート({{ Source("browser/components/places/content/places.css") }})を読み込み、ファイル({{ Source("browser/components/places/content/placesOverlay.xul") }})をオーバーレイさせなければなりません。

<?xml-stylesheet href="chrome://browser/content/places/places.css" ?>
<?xul-overlay href="chrome://browser/content/places/placesOverlay.xul" ?>

このスタイルシートが、特殊なtype属性を持った要素に、ビューの一つをバインディングします。オーバーレイはビューによって要求されるJavaScriptを含んでいます。また、組み込みのコンテクストメニュー及びコマンドも含んでおり、ビューを利用する際に、有利な点が得られるかもしれません。

このリビジョンのソースコード

<p>{{ 翻訳中() }} {{ Firefox3() }}</p>
<p>ビューは、Placesの構造を視覚的に操作するための要素のひとつです。ユーザーに向けてnsINavHistoryResultオブジェクトを表示するために使用します。  Placesのクエリでは、nsINavHistoryResult オブジェクトについての情報を保持し、使用しています。<code>nsINavHistoryResultオブジェクトの使い方と保持の仕方については、</code><a class="internal" href="/ja/Querying_Places" title="ja/Querying
Places">Querying Places</a>を参照してください。このページでは<span style="font-family: monospace;">、既にこれら</span><code>について知っているものとして話を進めます。</code></p>
<p><code>nsINavHistoryResult </code>インスタンスはビューのデータを提供します。ビューは、このインスタンスの{{ Interface("nsINavHistoryContainerResultNode") }}を展開し、その時点で含んでいる{{ Interface("nsINavHistoryResultNode") }}オブジェクトを表示する機能を持ちます。</p>
<h2 name="The_built-in_views">組み込みのビュー</h2>
<p>もし、あなたの拡張機能やアプリケーションでブックマークまたは履歴の内容を表示する必要がある場合、あなたは組み込みのPlacesビューを使用することができます。それらを使用することで、基礎的な箇所を記述する作業時間を抑え、あなたの拡張機能もしくはアプリケーションの構築に注力することができるでしょう。</p>
<p>Placesでは以下の組み込みのビューが使用できます。</p>
<ul> <li><a href="#Tree_view">ツリー</a></li> <li><a href="#Menu_view">メニュー</a></li> <li><a href="#Toolbar_view">ツールバー</a></li>
</ul>
<h3 name="Instantiating_in_XUL">インスタンス化</h3>
<p>3つの組み込みビューは、単純かつ標準的なXUL要素に特殊な<code>type</code>属性の値として"places"を設定します。</p>
<p>いかなるXULドキュメントも、組み込みビューを含む場合、スタイルシート({{ Source("browser/components/places/content/places.css") }})を読み込み、ファイル({{ Source("browser/components/places/content/placesOverlay.xul") }})をオーバーレイさせなければなりません。</p>
<pre class="brush: xml">&lt;?xml-stylesheet href="chrome://browser/content/places/places.css" ?&gt;
&lt;?xul-overlay href="chrome://browser/content/places/placesOverlay.xul" ?&gt;</pre>
<p>このスタイルシートが、特殊な<code>type</code>属性を持った要素に、ビューの一つをバインディングします。オーバーレイはビューによって要求されるJavaScriptを含んでいます。また、組み込みのコンテクストメニュー及びコマンドも含んでおり、ビューを利用する際に、有利な点が得られるかもしれません。</p>
Revert to this revision