BeOS Build Prerequisites

このページでは BeOS や yellowTab Zeta 上で mozilla.org のソフトウェアをビルドするための必要条件を説明します。

ハードウェア

  • ディスクスペース:最適化ビルドの場合、ソース込みで約 600 MB。デバッグビルドでは 2 GB。
  • 256 MB 以上のメモリを推奨。特にデバッグビルドでは多ければ多いほどよし。

ソフトウェア

以下のソフトウェアが必要です:

  • これらは Zeta の一部ですが、BeOS の他のバージョンではインストールが必要かもしれません:
  • gcc 2.95.3Bebits: gcc のページから入手可能。
    バージョン 2.95.3 を使用してください。それ以降のものは使用しないでください。BeOS R5 ユーザの方は、パッケージのガイドに従ってインストールした後に、/boot/develop/tools/gcc-2.95.3_binutils-2.15/lib/gcc-lib/i586-pc-beos/2.95.3-beos-041202/specs というシンボリックリンクを削除し、同じフォルダにある specs.R5 を右クリックし、リンクを作成し、そのリンクの名前を specs としてください。
    • Zeta に搭載されているコンパイラで使用できる最適化オプションは -O1(別名 -O)のみです。それ以上の最適化レベルでは Mozilla がきちんと動作しなくなります。
  • glib および libIDLmozilla contrib beos のページから入手可能。
    サンプルの .mozconfig はこれらが /boot/home にインストールされていると仮定しています。

.mozconfig ファイル

ビルドオプションの設定 で説明している一般的な .mozconfig の内容に加えて、以下の内容を含んでいる必要があります:

export GLIB_CONFIG=/boot/home/glib-libIDL-beos/glib/bin/glib-config
mk_add_options GLIB_CONFIG=/boot/home/glib-libIDL-beos/glib/bin/glib-config
export LIBIDL_CONFIG=/boot/home/glib-libIDL-beos/libIDL/bin/libIDL-config
mk_add_options LIBIDL_CONFIG=/boot/home/glib-libIDL-beos/libIDL/bin/libIDL-config


ac_add_options --disable-updater

BeOS での SeaMonkey や Firefox のビルドに関する、より緻密な議論は Bebits Wiki で行われています。

注意:BeOS 用の Mozilla は RTTI を必要としますので、--disable-cpp-rtti オプションを使用しないでください。

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: ethertank,