MDN wants to talk to developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/a3e7b5301fea

about:mozilla - Firefox、セキュリティメトリック、トレードマーク、Shiretoko、ローカライゼーション、プロトタイプ、Ubiquity、Bespin、Weave、などなど…

原文 原文 (archive.olg)
公開日時 2009/03/10
著者 dria
カテゴリ about-mozilla

Firefox 3.0.7 がリリースされました

Mozilla Corporation の安定性およびセキュリティアップデート活動の一環として、Firefox 3.0.7 が Windows、Mac、および Linux 向けに GetFirefox.com から無償でダウンロードできるようになりました。私たちはすべての Firefox ユーザにこの最新リリースにアップグレードすることを強く推奨します。すでに Firefox 3 を使っているなら、自動更新が通知されるでしょう。もしくは、「ヘルプ」メニューの「ソフトウェアの更新を確認…」を選択することによって更新を手動で適用することもできます。変更点の一覧とさらなる情報は、Firefox 3.0.7 リリースノートを参照してください。

セキュリティメトリックには用心深く

Mozilla のセキュリテイエンジニアリングディレクターである Lucas Adamski が Secunia が最近リリースした 2008 セキュリティレポート(PDF ファイルへのリンク)への反応を投稿しました。「セキュリティメトリックを上手く行うことは非常に難しく、下手に行うことは簡単です。例えば、最近の Secunia 2008 レポートをちょっと見てください。それはブラウザによって報告された脆弱性を分析しようと試みていますが・・・手早く読んだところでは、まるで Firefox のセキュリティ上の問題が IE もしくは Safari の約 4 倍であるかのように見えます。ですが、その結論はひどく間違ったものです。Mozilla は Firefox におけるすべてのセキュリティ上の問題を修正し、それらがどのように発見されたかに関わらず、その内容を公表してリリースしています。内部開発者、QA、もしくは、セキュリティーコントラクターによって報告された問題は公表せず、外部の独立した団体から報告された問題だけを公表する他のベンダーとは違います。ですから、比較するためにこれらの数を提示することは、役に立たないというよりも、むしろ、誤解を招くことです。」Luas の投稿全文と Mozilla およびブラウザセキュリティについてのさらなる情報は、Mozilla Security Blog を参照してください。

Mozilla トレードマークの誤用の報告

David Rolnitzky は次のように報告しています。「Mozilla.com に最近作られた新しいフォームは Mozilla トレードマークの誤用の報告を簡単にします。 Alex と私たち Webdev チームと一緒に Catherine、Harvey、そして、Mozilla 法律チームが誰でも疑問が生じる行動を報告することを簡単に行えるようにするという素晴らしい仕事を成し遂げました。コミュニティが Web を開かれた安全なものに保つことに集中するために、私たちがいっしょに悪いものたちを注意することは本当に重要なことです。ですから、疑わしそうなものを見たときは、このフォームから報告するようにしてください。」

Shiretoko が Firefox 3.1 から Firefox 3.5 に改名

Mike Beltzner が Mozilla DevNews ブログに、現在の開発バージョンである Shiretoko が当初計画されていた Firefox 3.1 ではなく Firefox 3.5 と呼ばれることになる、との投稿をしました。「Shiretoko プロジェクトのバージョンナンバーは予定されている 4 番目の ベータリリースの前にFirefox 3.5 に変更されます。バージョンナンバーを変更するというプロセスには多くの影響があると予想され、そのプロセスは Sam Sidler (irc.mozilla.org では ss) によって調整される予定です。アドオン開発者は addons.mozilla.org でホストされている拡張やテーマにへの影響についての発表を待つべきです。」

Mozilla のローカライゼーションドキュメンテーション

Seth Bindernagel が、私たちのプロセスについて、新しいローカライゼーションの始め方、もしくは、公式ローカライゼーションになるためにするべき必要があることのすべてを 追いかける方法について学びたいと思っているローカライザー向けの情報の要約を投稿しました。「私は過去にこのことについて投稿しましたが、有益な情報で すから、再度投稿します。また、私は旅をしていたときに数人のローカライザーからプロセスはまだ明確ではないと聞きました。そして、私たちは彼らが参加す るようにレビューすべき情報の良いチェックリストを必要としています。」Seth は彼のウェブログで必要とされている情報へのリンク集を提供しています。

新しいタブページのプロトタイプ

Mozilla Labs と Firefox チームが共に新しい「新しいタブページ」デザインのプロトタイプ作りに取り組んでいます。Aza Raskin は一番最近提案されたデザイン候補とプロトタイプを投稿しました。「新しいタブを開く毎に、どこかに行くためにそれを開きます。それは検索をするためのときもあります。新しい URL を打つためのときもあります。選択したアドレスをチェックするためのときもあります。言い切れる唯一のことは、空白のページを開きたいのではないということです。」チームは新しいタブのコンセプトの最終 2 つの段階からのフィードバックを取り入れ、新しいデザインをスケッチしています。それは Mozilla Labs ブログでプロジェクトが達成しようとしていることとその理由について全体的なもっとより多くの情報とともに見ることができます。

Ubiquity ユーザテストについてのニュース

Jono DiCarlo が次のように書いています。「秋の四半期から、HCI の生徒であり Ubiquity 貢献者の Zac Lym が新しいユーザに Ubiquity をテストしてもらうという良い仕事をしています。その研究にはわずかな数のユーザしか参加していませんが、それは重要なものです。なぜなら、それは私たちが Ubiquity で持つ最初で唯一の厳格に得られたユーザビリティデータだからです。調査から得られている主要な検討材料はユーザたちの行動を撮影した一連のビデオです。Zac はこれらのビデオを彼の手法と彼の所見をまとめたものと共に Mozilla Wiki から閲覧可能にしました。これらの所見は Ubiquity のユーザエクスペリエンスの改善に興味がある者にとって大変読む価値があるものです。」Jono のいくつかの所見の解析を含んださらなる情報は、投稿全文を参照してください。

3 月 27 日、パリで Mozilla Labs Cafe

Mozilla Europe が Mozilla Labs Cafe を 3 月 27 日の午後にパリで開催します。「Mozilla Labs Cafe は短時間の、Mozilla 好きの人、技術エヴァンジェリスト、開発者、ギーク、ブロガー、そして、Mozilla Labs および Labs チームが取り組んでいる様々な進行中のプロジェクトすべてについてもっと知りたいと強く思っている人なら誰でも参加できる非公式の集まりです。」日程には Tristan Nitot、Chris Beard、Rey Bango、Pascal Finette による短時間のトークが含まれています。登録が必要ですが、出席料はかかりません。さらなる情報は Labs Cafe ウィキページを参照してください。

Bespin プロジェクトの更新情報

Dion Almaer は Bespin プロジェクトの多数の更新情報を投稿しました。Version 0.1.4 が bespin.mozilla.com へリリースされ、このリリースには dojo への移行、多くのバグの修正、そして、エディタへのいくつかの改善を含む多くの変更点があります。加えて、拡張した点が進み、設定システムがセットアップ の調整をするために用いられるようになりました。このリリースには他の多くの取り組みが含まれており、それらは Dion が Mozilla Labs ブログの彼の投稿でさらに語っています。

Weave M4 開発マイルストーン

Weave 開発リーダーである Dan Mills が Mozilla Labs ブログにプロジェクトについての更新情報を投稿しました。「Weave は Web ブラウザがデータと個人情報を超えるユーザコントロールを増加させながらより良い経験の仲立ちをする機会を探る Mozilla Labs の実験です。M4 開発マイルストーンは Weave クライアントの初期版となる開発者向けリリースであり、テストだけを目的としたもので、今年後半に予定されている次のメジャーアップデートに向けて多数計画された開発マイルストーンの 1 つです。」M4 には Fennec の仮サポート、リデザインされた同期プロトコルおよびサーバアーキテクチャ、クライアント最適化、そして、services.mozilla.com が現在ホストされている新しいハードウェアサーバクラスタが含まれています。チームは常に Weave のテストおよび開発への手助けを求めています。また、さらなる詳細は Dan のブログ投稿にあります。

開発者カレンダー

来る週の Mozilla プロジェクトミーティングとイベントの日々更新されるリストは、Mozilla コミュニティカレンダー Wiki ページを参照してください。以前のミーティングからのノートはカレンダーを通して同様にリンクされています。

about:mozilla について

about:mozilla は Mozilla コミュニティによる、Mozilla コミュニティのための、Mozilla コミュニティについてのものであり、Mozilla プロジェクトのすべての方面に関連する主要なニュース項目に焦点を当てています。このニュースレターは Deb Richardson によって書かれ、毎週火曜の朝に発行されます。次の号に含んでもらいたいニュースや告知があるなら、about-mozilla[at]mozilla.com に送ってください。

もし、このニュースレターを Email で受け取りたいなら、about:mozilla ニュースレター購読フォームから登録するだけです。新鮮なニュースが、毎週火曜日に、あなたの受信箱に届けられます。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: ethertank, Potappo
 最終更新者: ethertank,