Firefox 3 に向けたアドオンとテーマの互換性確保

原文 原文 (archive.olg)
公開日時 2007/12/11
著者 basil
カテゴリ 一般

Firefox 3 のリリースが近付くにつれて、この新しいブラウザに対して拡張機能やテーマの互換性を確保する事が重要な課題となりつつあります。拡張機能に互換性が無かったり、安全な更新手段を提供していないために、ユーザーが Firefox 3 を起動した時にすべての拡張機能が無効にされてしまうようなことが無いようにしなければなりません。

拡張機能の開発者は、Firefox 3 向けに拡張機能を更新する時に影響を与える以下の変更点に注意しなければなりません。

  • Firefox 3 のバージョン付けシステムは、Firefox 2 で使用されている 4 つ区切りのものではなく、3 つ区切りになります。セキュリティと安定性向上のためのリリースと互換性を持たせたい場合、開発者は 3.0.0.* ではなく 3.0.* と指定しなければなりません。

重要: 現在から Firefox 3 のリリースまでには多くの変更がなされる可能性があるので、addons.mozilla.org にホストされている拡張機能はまだ 3.0.* というバージョンを指定することはできず、現在のベータリリースのバージョンを指定しなければなりません。maxVersion に 3.0.* または 3.0.0.* というバージョンを指定していた拡張機能は、3.0b2 となるように変更されています。現在 AMO で使用できるバージョンの一覧はここにあります。

  • 拡張機能は安全な通信手段によって更新を行わなければならなくなりました。これは SSL を使用した updateURL か、新機能である updateKey によって可能になります。addons.mozilla.org にホストされているアドオンはこの影響を受けません。詳細

注意事項としては、アドオンを新しいリリースに対応させるために必要な変更点が install.rdf の maxVersion を上げることだけである場合、addons.mozilla.org の開発者用コントロールパネルで maxVersion を変更すれば、インターネットに接続できる環境にあるユーザーならば Firefox や Thunderbird に新しいバージョンのアドオンをインストールできるようになります。バージョンの互換性を上げるためだけに新しいバージョンをアップロードしてレビューを受けさせる必要はありません。

Mozilla Developer Center の 拡張機能を Firefox 3 に対応させる という記事でより詳しい情報を得ることができます。

{{string.trim(($0 || '')) !== '' ? web.html('« ' + mediawiki.internal('DevNews:' + $0 + '|' + $0, "ja") + '') : ''}} {{string.trim(($1 || '')) !== '' ? web.html('' + mediawiki.internal('DevNews:' + $1 + '|' + $1, "ja") + ' »') : ''}}

Comment here to ensure newlines get recognized

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Shoot
 最終更新者: Shoot,