Creating a Release Tag

ここには Linux システムからリリースを作成する方法が書かれています。 Win32 や Macintosh 用のファイルがあり、これらは普通のスクリプトでは引き出されないため、手動で引き出す必要があります。ミニブランチを利用すると、オリジナルのブランチに手を加えることなく、必要な更新をしたビルド用のスクリプトをチェックインできます。

  1. Mozilla を、タグを付けたいブランチからチェックアウトします。 Win32 や Mac 用の追加ファイルは、通常 Linux へはチェックアウトされませんので、これらのプラットフォームに対して、タグが付かないということになってしまわないように、忘れずにチェックアウトしてください。
    cvs co -r NETSCAPE_6_2_RELEASE mozilla/client.mk 
    cd mozilla
    gmake -f client.mk checkout
    
  2. 3 つのプラットフォーム全てに対応するプル用スクリプトのために、ミニブランチを作成します。こうすることによって、オリジナルのブランチに一切変更を加える必要がなくなります。
    cd ..
    cvs tag -b MOZILLA_0_9_4_1_RELEASE_MINI_BRANCH mozilla/client.mk 
    
  3. 今あるビルド用のスクリプトを削除し、先ほど作ったミニブランチから再度引き出します。
    rm mozilla/client.mk
    cvs co -r MOZILLA_0_9_4_1_RELEASE_MINI_BRANCH mozilla/client.mk
    
  4. ビルド用の各スクリプトの中から、ブランチを定義している変数を探し出し、それを今作成しているタグに書き換えます。
    mozilla/client.mk
    
  5. そのビルド用スクリプトを、元のミニブランチにチェックインします。
    cvs ci mozilla/client.mk 
    
  6. タグを付けます。
    find . -type d \! -name CVS | xargs -l -P10 cvs tag  -l MOZILLA_0_9_4_1_RELEASE >& ../taglog
    

原文書の情報

  • 著者: Dawn Endico
  • 最終更新日: November 1, 2005
  • 著作権: Portions of this content are © 1998–2007 by individual mozilla.org contributors; content available under a Creative Commons license | 詳細

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Kohei, Mgjbot
最終更新者: Kohei,