mozilla
Your Search Results

    parseFloat

    概要

    引数として与えられた文字列を解析し、浮動小数点数を返します。

    コア・グローバルメソッド
    実装されたバージョン JavaScript ?
    ECMAScript エディション ECMAScript ?

    構文

    parseFloat(string)

    引数

    string
    解析する値を表す文字列。

    説明

    parseFloat は、トップレベルの関数であり、何れのオブジェクトとも関連付けられていません。

    parseFloat は、引数として与えられた文字列を解析し、浮動小数点数を返します。正負記号(+ か -)、数(0-9)、小数点、指数、以外の文字があった場合は、その地点より前の値を返し、それ以降の文字の全てを無視します。文字列の前後に空白があっても問題ありません。

    最初の文字が数値に変換できない場合、parseFloat は、NaN を返します。

    算術の用途では、NaN の値は、基数が何であっても、数値とは見做されません。parseFloat の結果が NaN であるかどうかを判定することは、isNaN を呼び出すことで可能です。NaN が 算術演算子に演算対象として渡された場合、演算結果も NaN になるでしょう。

    例: parseFloat で数を返す

    以下の例は、どの行も全て、3.14 を返します。

    parseFloat("3.14");
    parseFloat("314e-2");
    parseFloat("0.0314E+2");
    parseFloat("3.14more non-digit characters");

    例: NaN を返す parseFloat

    以下の例は、NaN を返します。

    parseFloat("FF2");

    関連情報

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Potappo
    最終更新者: Potappo,