mozilla

Components object

Components オブジェクトは、XPConnect 機能が JavaScript へ反映されるのを仲介するオブジェクトです。Components オブジェクトは、実際には、XPConnect を利用するトップレベルのオブジェクトとして、JavaScript へ反映される nsIXPCComponents インタフェースのネイティブインスタンスです。

Components のプロパティの一部は高度な特権を必要とするため、Web ページ上では機能しません。

Components オブジェクトは次のメンバを持ちます。

メンバ 説明
classes ContractID によるクラスの配列
classesByID CID によるクラスの配列
function Object() { [native code] } コンポーネントのコンストラクタのためのコンストラクタ
Exception XPConnect の例外のためのコンストラクタ
ID XPCOM nsID のためのコンストラクタ
interfaces インタフェース名によるインタフェースの配列
interfacesByID IID によるインタフェースの配列
isSuccessCode 与えられた結果コードが成功かどうかを判別するための関数
lastResult 直前の XPConnect 呼び出しの結果コード
manager グローバル XPCOM コンポーネントマネージャ
results 名前による既知の結果コードの配列
returnCode 現在の呼び出しの未決定の結果
stack 現在の JavaScript のコールスタック
utils いくつかの便利な機能へのアクセスを提供します。
utils.evalInSandbox JavaScript コードをサンドボックス内で実行。通常は限られた特権でコードを実行するときに使われます。
utils.forceGC ガベージコレクションサイクルを強制します。
utils.getWeakReference 渡されたオブジェクトの弱い参照を取得します。
utils.import JavaScript モジュールを、スコープを共有せずに現在のスクリプトに読み込みます。
utils.lookupMethod XPCOM オブジェクトのネイティブの (例えばインタフェースで宣言された) メソッドやプロパティを参照します。XPCNativeWrapper と同じ役割を果たします。
utils.reportError JavaScript エラーオブジェクトを エラーコンソール に出力します。
utils.Sandbox evalInSandbox で利用するサンドボックスオブジェクトを生成します。

EDITORS! please keep descriptions of the following properties in sync with Components.utils page.

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: fscholz, ethertank, Mgjbot, kohei.yoshino
最終更新者: ethertank,