Components.returnCode

Components.returnCode は、return 命令による戻り値に加えて XPCOM の結果コードを保持できるプロパティです。

Note that Components.returnCode is currently non-functional due to バグ 287107. This problem was introduced in Mozilla 1.4.

使い方

Components.returnCode は、JavaScript メソッドが特定の nsresult コードを返すことを、そのメソッドの XPCOM 呼び出し元へ示すのに利用できるプロパティです。

一般的には、XPConnect は JavaScript コードが nsresult コードを心配する必要のないようにうまく働きます。デフォルトでは、JavaScript メソッドの結果が成功だと、XPConnect は結果コード NS_OK を呼び出し元へ返します。もし JavaScript コードが失敗のシグナルを送る必要がある場合は、例外を投げることで果たします。しかし、成功コードの返り値を規定した XPCOM インターフェースがごくわずかに存在します。Components.returnCode はそれら稀なインターフェースを JavaScript で実装できるようにするために存在します。

実例

var foo = {
  bar: function(i) {
    if (yada_yada)
      Components.returnCode = 5;

    return i * 2;
  }
};

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Yoshino
最終更新者: Yoshino,