mozilla

Checkout and Build NSPR

チェックアウト

NetScape Portable Runtime (NSPR) をチェックアウトするには CVS 1.10 が必要です。CVSROOT 環境変数を次のように設定します。

:pserver:anonymous@cvs-mirror.mozilla.org:/cvsroot

次のコマンドを実行してください。

cvs checkout [-r TAG] mozilla/nsprpub

これで NSPR が現在作業しているディレクトリにチェックアウトされました。

ビルド

あなたがどの NSPR リリースをビルドしたいかによって、NSPR をビルドする手順は 2 種類あります。NSPR リリース 4.1.x 以前をビルドするには classic なビルド方法を使います。 NSPR リリース 4.2 をビルドするには autoconf をベースにしたメイクシステムを使います。

NSPR のビルド方法はプラットフォームによって若干異なります。NSPR ビルドをビルドすることは NSPR ライブラリをビルドすることにすぎません。テストケースは別にビルドする必要があります。デバッグターゲットおよび最適化ターゲットをビルドする際は gmake または configure<code> でコマンドラインオプションが必要となります。これらのことを以下に示します。

Unix

Autoconf

NSPR をチェックアウトしたディレクトリにビルドターゲットを格納するためのディレクトリを作ってください。そしてそのディレクトリに移動し、<code>configure および make を実行します。例えば次のようにです。

mkdir target
cd target
../mozilla/nsprpub/configure
gmake
cd pr/tests
gmake

上のコマンドはデバッグターゲットをビルドするためのものです。最適化ターゲットをビルドするためには configure コマンドを次のようにします。

... configure --enable-optimize --disable-debug

プラットフォームが 64 ビットターゲットのビルドをサポートしているならば、configure コマンドに --enable-64bit オプションを追加します。

Classic

デバッグターゲットをビルドするためには、最初に NSPR を、次にテストスイートをビルドします。

cd mozilla/nsprpub
gmake
cd pr/tests
gmake

最適化ターゲットをビルドするためには gmake コマンドを次のように変えます。

gmake BUILD_OPT=1

Windows

Autoconf

Windows で autoconf を使ってビルドするには Cygwin Toolkit が必要です。

Cygwin のウィンドウを開いてください。そして Unix で NSPR をビルドする手順に従ってください

Classic

Windows ターゲットも同様にビルドします。 Windows 用のビルドには Win32 一般ビルドと WinNT ビルドの2つのビルドがあります。これらの違いは、WinNT ビルドは Windows NT (および Windows 2000) でしか動かないのに対して、Win32 一般ビルドは Win9x、WinME、WinNT、Win2K のどれででも動くことです。

次に示すことは Service Pack 4 を適用した MSVC 6.0 を想定しています。コンパイラがコマンドラインから呼び出せるように設定されている必要があります。

Win32 一般デバッグターゲットをビルドするには次のようにします。

cd mozilla\nsprpub
gmake OS_TARGET=WIN95
cd pr\tests
gmake OS_TARGET=WIN95

最適化ターゲットをビルドするには BUILD_OPT=1 オプションを gmake コマンドに付け加えます。

WinNT デバッグターゲットをビルドするには次のようにします。

cd mozilla\nsprpub
gmake
cd pr\tests
gmake

最適化ターゲットをビルドするには BUILD_OPT=1 オプションを gmake コマンドに付け加えます。

Mac

このトピックは Mac の専門家のための練習用に残してあります。

その他

Mozilla の移植に貢献したことがある、経験者の寄稿をお待ちしています。

原文書の情報

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: kohei.yoshino
最終更新者: kohei.yoshino,